Tower Oaks Lodge
めでたいことがあったので、オットとちょっと小洒落たレストランへ。
(ドレスアップ!と気張るほどではないが、カップルがデートしがちな感じの。)

b0042468_1993269.jpg

住宅すらない森閑とした林に沿った小さな道沿いにあるTower Oaks Lodgeという店。
これほど目立たない立地でありながら、広い駐車場にも入りきれず路駐をする車も多数。
この混みっぷり、期待がもてる。∬´ー`∬♪

予約なしで行ったので、30分ほど待ったが、
バーが併設されているので、カクテルなんぞ楽しみながら待つことができる。
この、「飲みながら待つ形式」、個人的には大好きである。

b0042468_1921307.jpgb0042468_19215746.jpgb0042468_19221683.jpg

ロッジ風の造りで、内装も凝ってるので、見てるだけでも楽しい。
ウェイター&ウェイトレスもフレンドリーだし、ご機嫌である。

そして料理。
これが・・・・・

うわぁ~あ♪ 美味しくな~い♪ (・o+)


あらゆる面でアメリカらしさを満喫できるこのお店、キライじゃありません(笑)。



アメリカ人的に丁寧に作っていて、でもちょっとツメが甘いよなぁ、って味。
そこそこ美味しいけど、ちょっとずつ味が濃かったり薄かったり。

アタシが頼んだメカジキのグリルはフツーに美味しかったんだけど、
オットが頼んだテンダーロインステーキがパサパサと固くて単なる塩味ってのがのう。

でもこれってアメリカ人の好みかもしれないと思う。
だって鶏肉だって、腿肉(ダークミート)より胸肉(ホワイトミート)の方が人気だし。
あるある大辞典「鶏のから揚げ」の回で街頭調査(試食)やってた時、
日本人には腿肉が人気だったけど、六本木の外国人たちは胸肉ラヴだったもんね。

そんな感じなんで、このお店、
機会があれば、また行ってみたい気がしないでもないっす。
[PR]
by kyurika1012 | 2005-12-03 18:55 | ぐるめの部屋。
<< 名前の検索。 シンプソンズ 日本へ行く。 >>



MBA私費留学ダンナの妻が綴る2年限定無収入アメリカ滞在記。ワシントンDCエリアはメリーランド州での暮らしのあれこれ。 by kyurika.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ひねもす写真館。
すたこら旅行記。
なんだこりゃ。
おもちゃ。
ひとこま。
私事ではございますが。
世界のへえ。
今日の宴。
ぐるめの部屋。
暮らしの手帖。
暮らしの野菜。
そこそこ自然派。
沁みる話。
燃える野望の運転免許。
燃える野望のWEB制作。
いつか英語が。
ゲージュツとか。
ただいまニッポン。
以前の記事
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
Link
フォロー中のブログ
イオリのキエフに住んでる...
夢見るかえる 
「つれづれオオサカ(仮)...
C's blog
ニ ノ チ カ
宇柳貝四方山話
ご利用はご計画的に。
うちの食卓 Non so...
Life.
ノースカロライナ生活
ねこのあくび
CHINA留学記.200...
wabi sabi
やにちゃらぼ
ハーバード留学記
元ニューヨーク・ホームレスの眼
髭眼鏡写真館雑記
もろてん。
どうなんかね、国際結婚。
m's New York...
楽貧生活
くま夫婦 by中央ヤンボル
ベジタブルな日々
じじもも日記 + ぴの
メリーランド通信あらため...
HALの賄いキッチンblog
My life in Y...
一花一葉
まなひなNZ
徒然草
はなももの別館
ここがヘンだよ肉食大国ニ...
食はココロを豊かにする。
Pineappleman...
A la Table
カサブランカ タンタン通り
地球の癒し方
まっくわぁるど
ふとした一言が英語で言え...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧