酢シャンの告白。 3:におわない編
酢シャンなんて、クサイんじゃね?汚れ落ちきらないんじゃね?
そう思われることでしょう。
ワタシもそう思いました。

確かに、シャンプーしてる最中は、「お酢~(*´y`*)σ」な香りに包まれてます。
が、タオルドライした段階では、ごくごく微かにしか匂いません。
で、ドライヤーで完全に乾かすと、まったく匂いはなくなります。
女子として無臭がさみしければコロン噴くなりアロマ焚くなりすればいいんです。

自分は酢の臭いに鼻が慣れちゃっただけじゃないのか。
自分で頭皮の臭いはチェックできないんじゃないのか。
その疑い、ワタシも最初は持ちましたので、オットによる検査をば致しました。

オットは酢がキライ。
特にアップル・ビネガーの匂いが大キライ。
ちょっと料理や掃除に使っただけで飛んできて、
「使わないでって言ったでしょ!」とキーキー怒って換気しだすくらいキライ。

なので、妻がアップル・ビネガーでシャンプーしてるのは極秘。
バレないよう、それはそれは気を遣ってきた訳です。(オットー、読んでるー?)
でも、グランド・サークル旅行中、シャンプーが減らないのを訝しまれました。

そこで、「大自然を旅してる最中は環境保護のため湯シャン」であるがごとく振る舞い、
「くさい?くさい?」と酢シャン後のアタマの匂いをかがせてみる訳です。

オッケーがでました。いひ。("▽")
くさくないそうです。
酢シャン後とは夢にも思っていない模様。
臭わないということは、頭皮の汚れも人として問題ない程度に落ちていると思われます。

以上、「酢シャンはにおわない」証明終わり。

しかもね。
風呂サボっても、頭皮がヤな臭いしなくなった。
無臭とは言わないが、なんだろ、合成シャン時代にあったヤバイ臭いがしない。
これ儲けもの。

(さらにつづく)
[PR]
by kyurika1012 | 2006-02-28 21:47 | そこそこ自然派。
<< 酢シャンの告白。 4:ハゲない編 酢シャンの告白。 2:試行錯誤編 >>



MBA私費留学ダンナの妻が綴る2年限定無収入アメリカ滞在記。ワシントンDCエリアはメリーランド州での暮らしのあれこれ。 by kyurika.
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ひねもす写真館。
すたこら旅行記。
なんだこりゃ。
おもちゃ。
ひとこま。
私事ではございますが。
世界のへえ。
今日の宴。
ぐるめの部屋。
暮らしの手帖。
暮らしの野菜。
そこそこ自然派。
沁みる話。
燃える野望の運転免許。
燃える野望のWEB制作。
いつか英語が。
ゲージュツとか。
ただいまニッポン。
以前の記事
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
Link
フォロー中のブログ
イオリのキエフに住んでる...
夢見るかえる 
「つれづれオオサカ(仮)...
C's blog
ニ ノ チ カ
宇柳貝四方山話
ご利用はご計画的に。
うちの食卓 Non so...
Life.
ノースカロライナ生活
ねこのあくび
CHINA留学記.200...
wabi sabi
やにちゃらぼ
ハーバード留学記
元ニューヨーク・ホームレスの眼
髭眼鏡写真館雑記
もろてん。
どうなんかね、国際結婚。
m's New York...
楽貧生活
くま夫婦 by中央ヤンボル
ベジタブルな日々
じじもも日記 + ぴの
メリーランド通信あらため...
HALの賄いキッチンblog
My life in Y...
一花一葉
まなひなNZ
徒然草
はなももの別館
ここがヘンだよ肉食大国ニ...
食はココロを豊かにする。
Pineappleman...
A la Table
カサブランカ タンタン通り
地球の癒し方
まっくわぁるど
ふとした一言が英語で言え...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧