アメリカ的節約術。ビジネスのかたち編。
アメリカと日本は商売の仕方が全然違う。
これをセコく賢く利用する観点からブツブツ語ってみようと思います。

++++++++++

まずは返品天国。

1回くらい着た服だろうと、(バレさえしなければ。)
買ってから1ヶ月以上経っていようと、(期間は店による。レシートに書いてある。)
パッケージをグシャーっと開けちゃってようと、(日本人的にありえない状態でもOK)
レシートさえあれば「当然よオホホヾ( `▽)ゞ」という態度で返品できます。

「別の店の方が安いかも・・・他店を回ってから戻って来ようか・・・」と思った時も、
取り合えず買っておいて、使ってみて、他店が安かったら返品、にしたりできる訳です。
ま、レジより返品用のカウンターの方が混んでたりもするので、場合によりけりですが。

その分、他人が返品したカスを掴まされる可能性もあるわけで、
カトラリーのセット買ったら、フォークが1本足りない、ってこともあった。チッ(・д・)

店員たちは、何がどうでも自分は痛くも痒くもないということか、
開封済みの商品でも確認もせず返品を受け付けてるから。ヾ(・ε・。)ォィォィ
でもってグチャグチャ梱包のまま、キュッと売り場に戻してるから。ヾ(・ε・。)ォィォィ

テキトーな国だ・・・・。(-ω-;)

++++++++++

次に、七面倒なリベート。

例えば「特価$70!!」ってデカデカと書いてある横に、
ちっさく「リベート前価格$100」などと書いてあったりする訳なんだが、
この場合、レジでいったん$100を支払い、
後日、レシートやらパッケージのバーコードやらを、しかるべき場所に送ると、
忘れた頃に$30分の小切手が返送されてくるという、不思議な仕組み。

こんな七面倒なことをさせるからには、
小切手返送先の住所や名前を書かせる際に、
性別や年齢を始めとしたアンケート欄を設けてマーケティングすればいいのに、
と思うんだが、そういうのは見たことがない。

これ単に、面倒くさがって手続きしない人狙いの商法なんだと思う。
「$70!やった!安い!」と思って買って、
でも手続きするのが面倒で結局$100払ったまま、って人が企業の思うツボ。

しかも低能サービスのアメリカ。
手続きしたところで一筋縄で返金してくれるとは限らない。
期限を過ぎても小切手が届かないので、
(しかもその期限が3ヶ月とか、人間が「もういっか」って忘れそうな期間。)
問い合わせをして、あっちに回され、こっちに回され、またあっちに戻され、
ああストレス(`□´)、ってこともあった。

リベートにパッケージのバーコードがいると知らなくて、(何が必要かは商品による)
箱を捨てちゃって手続きできなかったこともあった。(/_;)

そんなこんななので、リベートは嫌いです。( -_-)

++++++++++

それからレストランでの持ち帰り。

アメリカのレストランでは「ウマが食うんか!」ってくらい何もかも大盛りなので、
しかもオイルがタプタプの油っこい料理が多いので、
ご飯と味噌汁と漬物の国の人としては、一度には食べきれないんである。

でもステキなのは、持ち帰り慣習が根付いてること。
もう1食分浮くのが嬉し食べ物を無駄にしないで済むので嬉しい。
日本だと、衛生上の問題だったりで持ち帰り不可ってとこがほとんどだと思うけど、
アメリカでは、そこらへんは自己責任なんだろうね、ダメって言われたことは1度もない。

しかもこれ、タッパーをゲットする、いいテなのさ。(-ω☆)キラリ
紙袋や紙パックのところもあるけど、
「売り物ですよね?」ってくらい立派なタッパーにいれてくれるところも多い。

まあ、環境には優しくないよねえ、とは思うものの、
料理持ち寄りのポットラック・パーティーには、めっさ便利。
返してもらわなくていい訳だからさ、お互いにラクだよね。

取り合えず、スープをオーダーすると、
かなりの確率でタッパーをゲットできるような気がします。(*´σー`)

++++++++++

さらにファストフードにあるセルフサービスの炭酸飲料、

タダでお代わりできるの、衝撃でした・・・。(゜o゜;)

だって、いくらでも飲んでいいんだったら、S・M・Lってサイズ意味なくね?
S頼んで、いつまで注ぎ足してればよくね?

(まあ個人的にはマズくて飲めないんですが。
 あのセルフの器械、水だか洗浄の薬品だか、ヘンな味する。)

日本のフランチャイズのお店じゃ、
新メニューに「おかかを乗せるか否か」で利幅が大きく変わってくるので、
延々と会議して決めるっていうのに。
アメリカのこのドンブリ勘定なビジネスはどうよ。

アメリカ人、「More is better」以外のことは考えてないに違いない。o( ̄ー ̄;)

++++++++++

儲かってんのか心配、って言えば本屋。

テーブルだのソファだのあって、くつろぎの図書館状態だけど、大丈夫かね。
しかも読んだ本を置いておくコーナーがあって店員が片付けるって、まさに図書館。
買う前なのにコーヒー飲みながら読めるなんて、図書館以上。

日本じゃ、ハタキでパタパタされるんですけどねぇ~。( ̄-  ̄ )
[PR]
by kyurika1012 | 2006-05-05 18:15 | 暮らしの手帖。
<< ペルーでも味の素。 アメリカ的節約術。推薦店編。 >>



MBA私費留学ダンナの妻が綴る2年限定無収入アメリカ滞在記。ワシントンDCエリアはメリーランド州での暮らしのあれこれ。 by kyurika.
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ひねもす写真館。
すたこら旅行記。
なんだこりゃ。
おもちゃ。
ひとこま。
私事ではございますが。
世界のへえ。
今日の宴。
ぐるめの部屋。
暮らしの手帖。
暮らしの野菜。
そこそこ自然派。
沁みる話。
燃える野望の運転免許。
燃える野望のWEB制作。
いつか英語が。
ゲージュツとか。
ただいまニッポン。
以前の記事
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
Link
フォロー中のブログ
イオリのキエフに住んでる...
夢見るかえる 
「つれづれオオサカ(仮)...
C's blog
ニ ノ チ カ
宇柳貝四方山話
ご利用はご計画的に。
うちの食卓 Non so...
Life.
ノースカロライナ生活
ねこのあくび
CHINA留学記.200...
wabi sabi
やにちゃらぼ
ハーバード留学記
元ニューヨーク・ホームレスの眼
髭眼鏡写真館雑記
もろてん。
どうなんかね、国際結婚。
m's New York...
楽貧生活
くま夫婦 by中央ヤンボル
ベジタブルな日々
じじもも日記 + ぴの
メリーランド通信あらため...
HALの賄いキッチンblog
My life in Y...
一花一葉
まなひなNZ
徒然草
はなももの別館
ここがヘンだよ肉食大国ニ...
食はココロを豊かにする。
Pineappleman...
A la Table
カサブランカ タンタン通り
地球の癒し方
まっくわぁるど
ふとした一言が英語で言え...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧