2006年 01月 19日 ( 1 )
グランド・サークル旅行記 ☆ 2日目
早朝から雪。

やったー!!
雪のグランド・キャニオンも見れるっ。
わーい!!ヽ(゚∀゚)ノ 

と喜んでみたものの。

真っ白に霧がかってというか靄がかってというか、
とにかくなんにも見えませんでした・・・。(;´Д`)

b0042468_17192132.jpg
オット、雪の坂道をビビリつつ運転。
(;~〓~)

ま、雪が降ってこそ、
4WDを借りたかいがあったというものよ。
ホホホ。(`∇´ )

b0042468_17431760.jpgグランド・キャニオンを抜け、
標高が下がると、
雪景色がうってかわって土景色。
ひたすらひたすら土の世界が続きます。

こういう風景の中に、
簡素な小屋がポツポツ建ってたりします。
人、住んでます。w(゜o゜*)w

b0042468_17475137.jpg
「馬に乗った人注意標識」などもあり。
ああ、ここらへんはナバホ族居留地なのだなあ、
としみじみしたりします。(´-`)
(←この写真は別のトコで撮ったので背景が違うけど。)

インディアンな彼らがヒッチハイクしてるとこも見かけました。
(乗せてあげなくてゴメンよ・・・。(-人-))
しかし、農地も牧草地もなさげなのに、どうやって生活してるんだろう・・・。(゜~゜?)
緑のある田舎の暮らしは想像つくけど、こういう荒野で何を食べてるのか・・・不思議だ。

で、グランドキャニオンを出て3時間弱、ホースシュー・ベンド(Horseshoe Bend)に到着。
オレンジ色の砂のトレイルを10分ほどエンヤコラと登っていくと、

b0042468_17494082.jpg
ドカーン!!
キター!!U\(●~▽~●)У

崖っぷちから、この姿を拝むことができます。
どこでもそうだけど、コワーイのよ。
落ちたら、転んだら、崩れたら、死ぬもんねー。

b0042468_17545978.jpgここまで来たら
ペイジ(Page)の町はすぐそば。

大自然の中、唐突に現れる、
悪者的エントツが目印です。Ψ(`-´)

教会が延々と続く通りがあった。
不思議な町だ・・・。
Powell Museum Visitor Information Centerに行くも、まんまと冬季閉館中。
がーん・・・。(〒_〒)

気を取り直してCarl Hayden Visitor Centerに行くと、
入り口の警備員さんから、バッグは車に置いてくるように言われる。
アメリカの空港並みのセキュリティ・チェックでビックリだった。(;゜(エ)゜)
ダムが重要施設だからだと思うが、小さな田舎町の風景とギャップが・・・。

聞きたかったのは、アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)に行けるかどうか。
ナバホ族居留地内にあることもあり、個人での見学は不可。
鉄砲水で観光客が死んだこともあるので、天気についても聞きたいところ。
聞けば、旅行会社でツアーを申し込まなくても、
現地に直接出向けば適宜インディアンが案内してくれるだろうとのこと。
(値段は不確かだけど$20とかそんなもんだろうと。)

峡谷内は真っ暗で、光が射せば神秘的かつ芸術的な造形が見れるという、
狙いのアッパー・アンテロープ・キャニオンは、正午前後しか谷底に光が入らない。
現在時刻12:30、今がチャーンス!! 急げッ┌(・_・;)┘~*:・'゜★。

・・・・・閉まってた・・・・(゜◇゜)~ガーン・・・・


b0042468_18494812.jpg

・・・気を取り直して、
レイク・パウエル(Lake Powell)へ。
猿の惑星っぽい風景を堪能する。
そうこうするうちにもう移動しないといかん時間。
暗くなる前に宿につきたいっすから。

・・・・・で、再び通りがかったアッパー・アンテロープ・キャニオン。

今さら開いてる・・・・(゜◇゜)~ガーン・・・・・。

インディアンも飯くって休んでたんだろーなー・・・。o(TヘTo)


後ろ髪をひかれつつ、モニュメント・バレーへ向かう。
途中、思いがけず、ナバホ(Navajo)の遺跡への道を発見。o(・∇・o)
急ぎ足で寄り道することにする。
(往復1時間と言われたトレイル、30分で歩いたような。(・・。)ゞ )

b0042468_1930117.jpg
あの穴の中に色々人間が彫った跡が!
(展望台に双眼鏡がついてて
拡大して見れるようになってる。)

13世紀、
インディアンがあそこに住んでたのだ。
もんのすごい険しい谷底なんですけど。
すっげーなー・・・。(・0・。)

さて、いよいよモニュメント・バレー(Monument Valley)へ。
ペイジから約3時間半、狙い通り、夕日の時間に着きました~♪

b0042468_19401052.jpg
b0042468_19401856.jpg
b0042468_19402749.jpg
そしてモニュメント・バレーのビジター・センター。
17:00に閉まるので、飛ばしてギリギリ16:50分に駆け込み。
が、既にクローズ。
中に人がいたのでガラス越しに「開けて~(;O;)」を主張してみるも、
インディアンのおばちゃんに、「Closed.」と、にべもなく追い返される。
まだ営業時間内なのに・・・。o(TヘTo)

インディアンは仕事よりプライベートな人たちだ。 (ーΩー )
[PR]
by kyurika1012 | 2006-01-19 23:55 | すたこら旅行記。



MBA私費留学ダンナの妻が綴る2年限定無収入アメリカ滞在記。ワシントンDCエリアはメリーランド州での暮らしのあれこれ。 by kyurika.
カテゴリ
全体
ひねもす写真館。
すたこら旅行記。
なんだこりゃ。
おもちゃ。
ひとこま。
私事ではございますが。
世界のへえ。
今日の宴。
ぐるめの部屋。
暮らしの手帖。
暮らしの野菜。
そこそこ自然派。
沁みる話。
燃える野望の運転免許。
燃える野望のWEB制作。
いつか英語が。
ゲージュツとか。
ただいまニッポン。
以前の記事
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
Link
フォロー中のブログ
イオリのキエフに住んでる...
夢見るかえる 
「つれづれオオサカ(仮)...
C's blog
ニ ノ チ カ
宇柳貝四方山話
ご利用はご計画的に。
うちの食卓 Non so...
Life.
ノースカロライナ生活
ねこのあくび
CHINA留学記.200...
wabi sabi
やにちゃらぼ
ハーバード留学記
元ニューヨーク・ホームレスの眼
髭眼鏡写真館雑記
もろてん。
どうなんかね、国際結婚。
m's New York...
楽貧生活
くま夫婦 by中央ヤンボル
ベジタブルな日々
じじもも日記 + ぴの
メリーランド通信あらため...
HALの賄いキッチンblog
My life in Y...
一花一葉
まなひなNZ
徒然草
はなももの別館
ここがヘンだよ肉食大国ニ...
食はココロを豊かにする。
Pineappleman...
A la Table
カサブランカ タンタン通り
地球の癒し方
まっくわぁるど
ふとした一言が英語で言え...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧