カテゴリ:すたこら旅行記。( 65 )
グランドティトン&イエローストーン旅行記 ☆ オマケ
イエローストーンからDCに戻る日のこと。

ビジネスクラス大好きなオット父よりリクエストがあり、
料金と空席状況をジャクソンホールの空港で聞いてみる。

空港職員からのご回答。

コンピューターがつながってないから分からないとな。(゜◇゜)~

空港なのに・・・・・・。(゜∇゜ ;)
アメリカなのに・・・・・・・。(゜∇゜ ;)

そんなジャクソンホール空港、電光掲示板もないらしく、
フライトスケジュールは手で数字(時間)変えてます。
シビれるー!!(`∇´ )

b0042468_351920.jpg

[PR]
by kyurika1012 | 2006-05-27 02:59 | すたこら旅行記。
グランドティトン&イエローストーン旅行記 ☆ 3日目
イエローストーンの敷地は広大で、行く場所によって七変化。
昨日はカラフルなベイスンで思いっきり色彩を楽しんだが、
今日はダイナミックに景観が切り替わるのを楽しむ予定である。♪o(^0^o)♪

まずはなだらかな平原から。
b0042468_23275368.jpg

草をはみはみバッファロー。
b0042468_23282215.jpg
普段は大人しいが、怒ると猛突進するらしい。
時速60kmで走るらしい。
やるときゃやるのだ、バッファロー。

で、ロウワー滝。(たしか) 相当なド迫力。(ノ゜ρ゜)ノ  ここオススメ。
b0042468_23353426.jpg
b0042468_23431763.jpg
キャニオン・カントリーには
イエローストーンの名前の由来になった
黄色い絶壁があるはずで、
このへんにあるらしいんだが、
結局わからずじまい。(・ε・)

でもこの斜面とか
ピンクと黄色がグラデーションなってて
なかなかウツクシー。(*゜ー゜*)

切り立った向こう側の崖に、柵みたいなものが見えるの、わかります?
b0042468_23484922.jpg


拡大するとこんな。↓ 
b0042468_23501327.jpg
人が作ったとしか思えないけど、神の天然作品。
スッゲー。w( ̄▽ ̄;)w


このあとルーズベルト・カントリーにて、

クマ発見!! (*゜ロ゜)ノミ☆
なまぐまなまぐま!!!!!!O(≧∇≦)O


b0042468_0153934.jpg
・・・・・動物園で並んで見たパンダがずっと寝てた時と同じきもち。(〒_〒)<不謹慎

でも小さいのと大きいのとなにげに2頭いたので母子だと思われ。
刺激したらコワイんだろーなー、ってのが、すぐそばに野生でいるってのはスゴイことよね。
われわれが行った5月はクマがよく出てくるらしいっす。
クマに会いたいアナタは5月に是非♪

b0042468_016818.jpg

気を取り直して、シカ。

b0042468_0163552.jpg

やつらは食うことしか考えてない。
b0042468_0172290.jpg

それからエルク夫妻。
b0042468_0201023.jpg
ひっ、皮膚病!!??( ̄□ ̄;)

夫妻ともどもケロイド風。
ワイルドな生活ってのも大変ね・・・。
(@゜Д゜@;)

さて、マンモス・ホット・スプリングスに移動し、
本日のメインである鍾乳石の棚、ミネルバ・テラス。

b0042468_0254970.jpg
ショボ。(▼⊿▼)

イエローストーンのブローシャーはここの写真を使ってて大変キレイなのに。
実物はどーにも薄汚れて地味だ。( ´△`)

かろうじてオレンジ・スプリング・マウンドは、もふもふしてそうで多少おもろいかなー。
b0042468_0284816.jpg

ほんとならこのあとに大メイン、「ボウ川で温泉に入る!」のをやりたかったんだが、
まだ道がクローズしていたのですた・・・・・( ̄s ̄; チェッ

いまいち不完全燃焼でホテルまでの帰路につく。
道すがらにマッド・ボルケーノなるものがあったので、期待せずに寄ってみる。

b0042468_0421021.jpg
地獄っぽくて、思いのほか印象深い。( ̄。 ̄)

b0042468_145379.jpg
すぐそばには
「ドラゴンズ・マウス(確か)」があり、
ドラゴンの吼声のような音が煙と共に
ゴォーと洞穴から鳴り響いてくる。

一連のイエローストーン旅行における
オット母的MVPは
このドラゴンズ・マウスだったらしい。
(シブイなー。( ̄-  ̄ ) )

あたし的本日のMVPはマンモス・ホット・スプリングスに落ちてた骨かなー。
b0042468_046894.jpg
地球の歩き方に書いてあった、
「昔、ベイスンにバッファローが落ちたことがあって、
しばらくの間、あたり一帯にビーフ・スープの香りが漂っていた。
という話をふと思い出させるような骨ですた。(-_-)

そんなこんなで、イエローストーン旅行は終了でぃす。V(=^‥^=)v
[PR]
by kyurika1012 | 2006-05-26 01:07 | すたこら旅行記。
グランドティトン&イエローストーン旅行記 ☆ 2日目
朝っぱらからスカッとさわやかハイキング。ε=ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ

b0042468_132893.jpg

選んだのはハーミテッジ・ポイント・トレイル。
やんなったら途中で近道もできちゃう、
惰弱な人間にも優しいつくりのトレイル。

←スタート地点から見たジャクソン・レイク。
すがすがしいぜー。(▼▽▼)
b0042468_1404010.jpg
道中、胴長リスに会いました。
(リスなんだろうか。)

これにてグランド・ティトン終了、本命イエローストーンへと向かう。("▽")
途中は雪道やら凍った湖やら、5月なれど寒そうな風景。

b0042468_132391.jpg
山火事があったらしく、立ち枯れた木があちこちに。
で、一緒に新しい小さな木も生えてきてる。
世代交代なのだなぁ・・・。(゜~゜)

++++++++++

イエローストーン国立公園到着♪
まずはウェスト・サムへ。

b0042468_1493576.jpgb0042468_1495125.jpg

キターーーーーーーーーo(≧∇≦o)

これだよこれっ!!カラフルなベイスン!!すっげぇキレーなんだけど!!!
まぁったく神様ったらアーティストなんだからっ。(*゜∇゜)

b0042468_1584356.jpgb0042468_1585751.jpg
b0042468_1592178.jpgb0042468_1593688.jpg
b0042468_159583.jpgb0042468_201127.jpg

ウェスト・サムでこんなに充実のベイスンが見れるとは。(´▽`)
予想以上の収穫にホクホク。
バラエエィ豊かな上、コンパクトにまとまってて歩きやすいし、いいぞ、ココ。(⌒^⌒)b

++++++++++

オールド・フェイスフルへと移動。

ビジター・センターでオールド・フェイスフル・ガイザーが噴きあげる時間をチェック。
「フェイスフル(faithful=忠実な)」という名がつくだけあって、
なかなか時間に忠実に噴き上げてくれるガイザーらしい。

b0042468_243579.jpg

しゅごごごごー。

予想時間から待つこと5分、
イイ感じに噴いてくれました。


ダンナは感動値ゼロでしたが。
( ̄-  ̄ )



さて、いよいよ本命中の本命、オールド・フェイスフルの中を歩いちゃいます。
そちらこちらで煙があがり、水と大地は彩りまくりでスゴイことになってます。
ここからは「地球って不思議・・・(・0・。) 」な気持ちになる写真をお楽しみください。

b0042468_293821.jpg

b0042468_211771.jpg


b0042468_2101371.jpg


b0042468_2114753.jpg


b0042468_2173542.jpg

b0042468_218824.jpg

b0042468_2204631.jpgb0042468_2203326.jpg


b0042468_2272346.jpg
いやはや。
芸術はバクハツですなぁ。
イエローストーン、すばらスィ。

大満足の2日目を終わります。(_ _).。o○
[PR]
by kyurika1012 | 2006-05-25 23:51 | すたこら旅行記。
グランドティトン&イエローストーン旅行記 ☆ 1日目

オット両親と一緒にアメリカ生活最後の旅行、
グランドティトン&イエローストーンへ出発~!( ̄0 ̄)/

(余談ですが、カナディアン・ロッキーとイエローストーンは近いです。
 我々ときたら、こんな連続した日付で2回に分けて行かざるをえず、
 飛行機代がもったいないったりゃありゃしない。( ̄x ̄))

b0042468_1754518.jpg
ジャクソンホールの空港上空。
不思議な幾何学模様で地上絵みたいだす。


b0042468_1745441.jpg
ひさかたぶりにタラップで降りる。
タラップまでバリアフリーだ。エライッ!!
(○゜▽゜○)/

ジャクソンホールの空港はガラーンとしてて、他の飛行機もほとんど見当たらず。
グランドティトンの山並みがズガーンと見渡せて、ヒジョーに気分のいい空港だす。

b0042468_1774672.jpg
飛行機の向こうに広がる山脈。
早くもヤッホーな気持ち。
(ノ^∇^)ノ

空港施設も平屋づくりで、空の駅、といったたたずまい。
タラップからその平屋までは徒歩1分っつー気軽さ。
レンタカーのカウンターも平屋の中にあって、手続きサックリ完了♪

b0042468_1775981.jpg
ジャクソンホール空港は
グランドティトン国立公園の敷地内。

車を走らせるやいなやナイス景観~♪
(o^0^)o~♪

b0042468_17151496.jpg
動物が多いとウワサの
アンテロープ・フラット・ロードで
さっそくバッファローさんたちを発見!!
もうちょっと近寄ってみましょうっ。

b0042468_17164293.jpg
うーむ、ブサイク。
せめて毛玉をなんとかしたいところだ。

このへんはタンポポなんかも咲いちゃって、なんともメルヘンな風景。るるるん。

b0042468_17204578.jpgb0042468_1721033.jpg

トランスフィギュレーション礼拝堂に到着。
1925に建てられた歴史ある建造物だす。

b0042468_17223691.jpgb0042468_17224875.jpg

b0042468_17231897.jpg
中の窓からは
木の枝で作られた十字架ごしに
グランドティトンの山並みが一望。

美しいのう・・・( ̄。 ̄)

b0042468_17251528.jpg
ジェニー・レイクに到着。

・・・・・ここは、まあ、湖だ。
(特に感想なし。(^▽^;))

ジェニーという名の友人に
ここの絵葉書あげたら至極喜んだ。
だからいいのだ。
来た甲斐あったのだ。

b0042468_17283077.jpg
うねうねと細い山道を登って、
(たぶんシグナル・マウンテン・ロード)
上から平原を見渡す。
見晴らしいーぞー。(〃 ̄∇)」~♪
バカは高いトコ大好き♪

b0042468_17343650.jpg

黄色い花の背中に広がる平野。
b0042468_17371240.jpg
本日の宿、ジャクソン・レイク・ロッジに到着。

部屋の前の木には
まつぼっくりご飯中のリス。

湿原の向こうにチビっと見えてるのがジャクソン・レイク。

b0042468_2531096.jpg
b0042468_255084.jpg

日も暮れまして、本日終了~。ヽ(´◇`)ノ
グランドティトンは癒しだねぃ。(*´ο`*)=3
[PR]
by kyurika1012 | 2006-05-24 17:00 | すたこら旅行記。
シェナンドー国立公園ほか。
カナダから戻った翌日、渡米したオット両親を迎えに再び空港へ。
その翌日にはシェナンドー国立公園へとドライブ。

紅葉のメッカであるシェナンドー、秋には訪問者も多いらしいが、
新緑の今は盛り上がりに欠け空いてて、のびのびと楽しめます。

b0042468_14303838.jpg

しかし遠い・・・・・。...( = =)
うちのアパートからシェナンドーまでの道のりは思いのほか遠く。
これだけ時間をかけてきて、お弁当&ちょっとハイキングだけってのも、
どーも物足りない感が否めない。

なので、ルーレイの洞窟へ鍾乳洞を見に行くことに。
「鍾乳洞は興味ない」というオット父の意見も押し切り、ムリヤリ連行

ところがこれまた遠かった・・・・・。...( = =)
結構な時間をかけて辿り着いたルーレイだったが、
幻想的な大自然の妙を味わいに来たというのに、とってもテーマパーク風。
受付にて「4人で$76」の案内にビビり、アホらしくなって中止。

b0042468_14514291.jpg
もし見てたら、こんなんだったハズだけど・・・。
ガイドつきのツアーに強制参加で、
自分のペースで好きに回るのはダメらしい。

このままひたすらドライブのみで帰路につくのもさみしいので、
どうせならリースバーグのアウトレットに寄って帰ろう、と提案。
ちょっとだけ回り道をしてリースバーグに向かったが、

この回り道がまたまた遠かった・・・・・。...( = =)
アウトレットに辿り着いたのは6時、惜しくもすでに閉店。Σ(|||▽||| )
この季節は夜でも9時頃まで明るいからまだまだ昼間の気分だったが、
そこはキリスト教国、明るくたって日曜日はさっさと閉店なんである。

ところでアタシはこのリースバーグのアウトレットが好きである。
買い物に興味はナイが、ウチからリースバーグに行く道の風景が好きなのだ。

b0042468_1534446.jpg
b0042468_151235.jpgb0042468_1505799.jpg

この、緑と空だけの風景、
ポツポツとたまーに家があったり、馬や牛が草を食んでる風景、
アタシの中では一番メリーランドらしい風景で、大好きである。

アウトレットに寄って帰ろうと提案した裏には、
この風景をオット両親にも見てほしい~という気持ちがあったんだが、

似たような道をルーレイからリースバーグまでドライブしまくった後で、
すっかり見飽きている一同なのだった・・・・・(゜◇゜)~

b0042468_155426.jpg
オット母的本日のハイライト。
車ごと乗るフェリー。

※RockvilleからLeesburgへは何通りか行き方あると思いますが、
 ウチはいつもWhite Ferry Roadを通り、途中で車ごとフェリーに乗ってます。
 (往復$7かかっちゃうけどね。)
[PR]
by kyurika1012 | 2006-05-21 14:26 | すたこら旅行記。
カナダ旅行記 ☆ 5日目
いまいちパッとしない今回のカナディアン・ロッキー旅行だったが、
「いつかカナダに住みたいぜ!!」とムラムラ想うほど、アイ・ラブ・カナダ。

エコだしさー。
平和だしさー。
自然キレーだしさー。

しかもカナダ人、親切かつイケメンぞろい!!゜▽゜=)ノ彡☆
(天国。)

アメリカ人は、こう言っちゃなんだが、美男美女率が低いと思われ。
カナダ人には、アメリカ人に無い「はにかみ」があるのもステキ。
アメリカ人、ずうずうしいからねえ。

b0042468_1358366.jpgアメリカに戻る帰りの機内にて。
狭さに悶える後ろの席の兄ちゃんが
あたしの席まで進入させた足。

うん、アメリカに戻るって、こういう感じ。( -_-)フッ

[PR]
by kyurika1012 | 2006-05-19 17:20 | すたこら旅行記。
カナダ旅行記 ☆ 4日目
早朝のルイーズ湖畔を散歩。
人が増える前に動くに限るざます。
(早朝言っても8:00なので、湖の手前付近にはもう団体さん来てたけど。)

・・・でも凍った湖はもう飽きたよママン。(´;ェ;`)

b0042468_3461462.jpg
岸辺というか、フチの部分は溶けてキレーなブルーが出ているので、
これ真ん中まで全部溶けた日にゃあ、さぞかしキレーなんだろうなーと想像で補足。

b0042468_3465185.jpg

その時、ゴゴゴという迫力の地響きが。
なだれだーっ!!(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」

b0042468_422756.jpg

なだれっつーか、
雪の崩落?

すっごい音で
ド迫力でござんした。

・・・写真で見ると
ショボい滝みたいですが。
。。。ρ(▼、▼*)
b0042468_434146.jpg
ひいて見るとこんな感じ。
真ん中の白い縦線みたいなのがそれ。

・・・いやほんと迫力あんだってば。


この時、湖を半周弱して、
一番奥のあたりまできていたので、
まわりに誰も見当たらず、
崩落2人占めだぜラッキー!!
( ̄▽ ̄)V
という気分でござんした。
そんな訳で、ベタに喜んでいます。
b0042468_4112166.jpg

じゃーんぷ
b0042468_411212.jpg
着地。

さて、もう1つ、この付近で見たかった湖、モレイン湖は、

b0042468_4212420.jpg

道路閉鎖中。

気を取り直してヨーホーへ向かい、タカカウ滝を目指すと、

b0042468_4242967.jpg

道路閉鎖中。

・・・・・閉鎖の看板も見飽きたよママン。(´;ェ;`)


割とヤケクソ気味にエメラルド湖へ。
したらさー、

b0042468_4415617.jpg
溶けてる!?
b0042468_4444083.jpg
完璧!!

やったー!!やったー!!!!\(゜▽゜=))/
やっと!やっと!やりました!やっと名所を楽しめましたっ!

しかもココ、カヌーができるんす!!
嫌がるオットをひきずって楽しんで参りました。おほほほ。(`∇´ )
デカい湖に対し、乗る人口は相当少ないので、
景観を損ねることなく、これも結構2人占め感、満喫。

b0042468_50410.jpg
動いた後は、
湖畔の店で飲むビールがうまい。
しかもここ、本日オープン。
なんかラッキー。

大満足でバンフに戻り、
ホテルのウェイターやってるお兄さん(しかも奥さんが日本人)がオススメしていた、
ケイブ&ベイスン国定史跡(Cave & Basin National Historic Site)へ。

ここはですね、

b0042468_565113.jpg
衝撃的につまらない。

人工的に囲われた温泉が2つと、
(入浴用じゃなくて鑑賞用ね)
展示が少々あるだけで、
しかも有料。(。 ̄x ̄。)


その後、日本語ネットが使えるところ、バンフタイムズ・インフォルームへ。

ここで最新のバンフタイムズ見たら、
どこが凍ってて、どこが溶けててって、みんな載ってた。
到着日に行っときゃよかったよ・・・。(〒_〒)

本日の行程・レストラン&ホテル情報
[PR]
by kyurika1012 | 2006-05-18 17:07 | すたこら旅行記。
カナダ旅行記 ☆ 3日目
b0042468_1414185.jpg
部屋からの眺めも爽やかなことだし、(←写真)
ホテルでゆったり朝寝坊をし、
ユーガに多少小洒落たランチを食べ、
この日は昼過ぎに出発。

で、名所めぐり、スタート。

メディスン湖
干からび中。

マリーン湖
凍り中。(まだシャーベット状でクルーズ乗れず。乗ったら美しいらしい。)

エンジェル氷河
道がクローズ。

b0042468_14212449.jpg
・・・いいのエルクに会えたから。

角がベルベット生地みたいに見えんの。
いつか触ってみたいものよ。

ことごとくハズす名所の数々に、やけっぱちな気持ちでマリーン渓谷へ。
ここは期待しなかった割に、谷底へ落ちる迫力の滝がスリリングで中々よい。
(写真が上手く撮れなかったけど、ここは割とおすすめ。結構な迫力。)

その後、ウィスラー山にてゴンドラに乗る。
脈々と続く山脈。眼下に広がる大自然。
(本物はもっと全然すごいんだってば。)

b0042468_1903082.jpg
b0042468_1858232.jpg

写真が上手く撮れないんだけども、
ゴンドラが1人C$23とまたまたお高いんだけども、
それでもやっぱり俯瞰はイイっすよ。

つーかね、ジャスパー来て最初にココくればよかったよ。( ´△`)
どの湖がキレーで、どの湖は大したことない、とかって、全部が一目瞭然だし。

さて、そんなこんなで地味目だったジャスパーを後にし、
もと来た道、アイスフィールド・パークウェイをバンフ方面に向けて戻る。

途中、行きにすっ飛ばしたペイト湖に寄る。
駐車場から湖までは本来なら歩いて片道5分の道のりらしいんだが、

b0042468_19294641.jpg
立派な雪山登山風。
往復40分くらい歩きましたとも。
ε=(。・д・。)

八甲田山死の彷徨など
アタマをよぎりつつ、
辿り着いたその先は
b0042468_19324111.jpg
やっぱり凍ってたペイト湖。
o(´^`)o
b0042468_19303167.jpg
世が世なら
こんなに美しいハズなんですが。
(←よそから失敬)


b0042468_14212449.jpg
・・・いいのエルクに会えたから。

(←本日の心の拠り所。)

レイク・ルイーズ付近の宿に辿り着いて3日目終了~。(〃´o`)=3

本日の行程・レストラン&ホテル情報
[PR]
by kyurika1012 | 2006-05-17 16:51 | すたこら旅行記。
カナダ旅行記 ☆ 2日目
カナダって、すごく北。
しかもカナディアンロッキーって、山。
さぞかし寒いだろうと思ってきたのに。

バンフじゃ皆、半袖。
DCよりあったかいってどういうこと。(゜O゜;

そんな半袖のバンフから1時間半、
本日1番目の見所ポイントであるボウ湖は、

b0042468_15484695.jpg
凍ってた。(゜◇゜)~ガーン
湖面全面真っ白。
山の天気は変わりやすいにも程がある。

本日2番目の見所ポイントであったペイト湖も、
雪道踏みしめて歩かないと辿りつけない模様。
どうせ凍ってるだろうということで、とりあえずパス。

b0042468_1553547.jpg
そんな雪深いペイト湖から
たった15分移動すると、
そこには溶け溶けのミスタヤ湖が。
不思議だ・・・・・。

そして本日のメインイベント、コロンビア大氷原~!!

b0042468_1639361.jpg
フレンチクルーラーを巨大化したようなタイヤ。
この乗り物、ウン千万するらしいっす。
それだけに、こんな急勾配も氷の上もオッケー。
それだけに、これに乗るのC$40近くかかる。
2人でC$80近い。
高いなぁ・・・(# ̄З ̄)
そしてコロンビア大氷原の上に立ったのだ。
b0042468_1694468.jpg
・・・見た目は単なる雪山と同じっすね・・・。
氷原の上をもっと散策できるのかと思いきや、チョロリと立っておしまい。
これでC$40は費用対効果がイマイチよろしくない・・・。(。 ̄x ̄。)

b0042468_16505310.jpg
かくなる上は、
個人的な楽しみ、個人的な思い出を追求すべし。

注:屋外での飲酒は禁じられています。

いささかシケたカナダ観光ですが、いいんです。
なんてったって、動物、結構会えたもんにっ。("▽")

b0042468_913205.jpg
朝から生ジカ!!
b0042468_9135653.jpg
ヨロヨロなヤギ!!
b0042468_9142688.jpg
なんとクマ!!(ノ゜ρ゜)ノ

・・・この木の陰にいるの。いるのよ。
見たんだよー。本当だよー・・・。(´;ェ;`)
b0042468_9315734.jpg
更に今回のイチ押し、
カーリー角ヒツジ!!
b0042468_9152476.jpgb0042468_932425.jpg
b0042468_9345194.jpgb0042468_9511015.jpg
なごむー。(´▽`)

その後、バレー・オブ・ザ・ファイブ・レイクスのトレイルを歩く。

b0042468_955923.jpgb0042468_9552528.jpg
近道して1時間45分と、短くてラクなトレイルなんだけど、
夕方の湿地帯はムワムワーと暑く、意外に坂なんかもあったりして、半袖汗だくレベル。
苦労の割りに最初の湖がショボくて悲しい気持ちになりますが、諦めてはいけません。

b0042468_10105873.jpg

わんだほー♪です。
湖5つのうち4つまでは
わんだほー系だった気がします。


←これなんか、
薄緑色の外周に
青碧色の内周で
クジャクみたいな色じゃない?
スッテキィ~♪


ジャスパーの小さな町に到着。
町から少し離れたPyramid Lake Resortにチェックイン。

どーしてもメールしたい用のあるオット、再び町におりてネットカフェを尋ねるが、
町中停電ということが判明。(ちょくちょくあるらしい。)

仕方なくホテルに戻るが、ホテルのシェフは停電だから早退しちゃったらしく、
食べるものがない。(〒_〒)
(同情したフロントの人がポテチとかくれたけど。)

再々度、町に下り、1件だけ営業してるレストランにて食にありつく。
(他のレストランは自家発電ないらしく、ほぼ全滅。
 スーパーも規模が小さくてお菓子みたいなもんしか買えないのだ。)

カナダの先進国としての威厳がまた・・・・・。(ーΩー )

本日の行程・レストラン&ホテル情報
[PR]
by kyurika1012 | 2006-05-16 16:16 | すたこら旅行記。
カナダ旅行記 ☆ 1日目
初のカナダ入り~。( ̄▽ ̄)V
空港の表示にフランス語が登場しちゃって異国情緒~。

b0042468_14333548.jpgぼんそわ~る
とれびあ~ん
ながじゅば~ん

さて、まずはカルガリーの空港でレンタカーをピックアップ。
予約してあったD社に電話すると、今ドキな若ーいバイトの兄ちゃんが迎えに来てくれた。

ウチらが空港からかけた電話に出たのも、この兄ちゃん。
バンをまわして迎えにきてくれたのも、この兄ちゃん。
レンタカーの契約手続きをするのも、この兄ちゃん。
つまりD社、社員はこのバイトの兄ちゃんオンリー。
(しかもD社のみならず、系列会社のT社も1人でまわしている模様。)

・・・そんな弱小レンタカー会社、不安。(〒_〒)

まんまと契約でモメた訳なんだが、
モメてる間もガンガン電話入る。
たぶん空港で他の客は彼が迎えに来るのをずーっと待ってる。
いいのか、そんな苦しすぎる運用。( ̄-  ̄ )

して、コンパクトカーを予約してきたのに、あてがわれたのはダッジ。
アップグレードだ、ってデカい車あてがわれるのはよくあることだが、
それにしても格差が激しい。あまりにデカい。

もうちょっと小さい車はないのか、って聞いてみるも、
洗車が済んでないから無理、という返事。

で、ダッジの元へ案内されてみると、

b0042468_11312725.jpg
明らかに洗車してないじゃん?(~-~;)

助手席のドア近影。
ここまで力いっぱい汚れてると
いっそ爽やかでいいさ・・・。( -_-)フッ

b0042468_1136665.jpg
メキシコといい勝負なレンタカー事情に
早くも揺らいだ先進国カナダの威信だったが、

でもさっそく風景がステキなので許す。

カルガリーから2時間、バンフに到着。
b0042468_1138578.jpg
・・・・平和。
めちゃ平和。〃´△`)-3

普通、海外旅する時って、
盗まれないよう、騙されないよう、襲われないよう、
それなりに気を張ってるもんだと思うけど、

ああこの平和な空気はなに。( ´△`)
日本にいる以上に気が抜けて、しかものどかな大自然。

そんな感じでホケホケと、
近所のおばちゃんみたくなってるフジフィルムのクマとか
カナダ限定メイプルシロップ入りプリッツとか
ナチュラル風に地味目なマクドナルドとか
冷やかしつつ、小さなダウンタウンからボウ川まで散歩。

b0042468_13304571.jpgb0042468_13312859.jpgb0042468_13314566.jpg

ちなみに日本人、わんさかいました。
バンフかワイキキか、って勢いで、わんさかわんさか。
カナディアンロッキーがここまで人気とは知らなんだ。( ̄。 ̄)

アイリッシュ・パブのSt. James's Gateでビールを堪能し、
セイフウェイ(スーパー)で水や果物を買って、この日はオシマイ。
(ホテルのお姉ちゃんは英式発音で「サーフウェー」みたく言ってましたね。)

b0042468_13414728.jpg
ところでmyumsさんが書いてたように、
カナダだってボロ車っぷりは
アメリカに負けていないのですた。
b0042468_1342896.jpg
でもメキシコには負ける。


本日の行程・レストラン&ホテル情報
[PR]
by kyurika1012 | 2006-05-15 14:11 | すたこら旅行記。



MBA私費留学ダンナの妻が綴る2年限定無収入アメリカ滞在記。ワシントンDCエリアはメリーランド州での暮らしのあれこれ。 by kyurika.
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ひねもす写真館。
すたこら旅行記。
なんだこりゃ。
おもちゃ。
ひとこま。
私事ではございますが。
世界のへえ。
今日の宴。
ぐるめの部屋。
暮らしの手帖。
暮らしの野菜。
そこそこ自然派。
沁みる話。
燃える野望の運転免許。
燃える野望のWEB制作。
いつか英語が。
ゲージュツとか。
ただいまニッポン。
以前の記事
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
Link
フォロー中のブログ
イオリのキエフに住んでる...
夢見るかえる 
「つれづれオオサカ(仮)...
C's blog
ニ ノ チ カ
宇柳貝四方山話
ご利用はご計画的に。
うちの食卓 Non so...
Life.
ノースカロライナ生活
ねこのあくび
CHINA留学記.200...
wabi sabi
やにちゃらぼ
ハーバード留学記
元ニューヨーク・ホームレスの眼
髭眼鏡写真館雑記
もろてん。
どうなんかね、国際結婚。
m's New York...
楽貧生活
くま夫婦 by中央ヤンボル
ベジタブルな日々
じじもも日記 + ぴの
メリーランド通信あらため...
HALの賄いキッチンblog
My life in Y...
一花一葉
まなひなNZ
徒然草
はなももの別館
ここがヘンだよ肉食大国ニ...
食はココロを豊かにする。
Pineappleman...
A la Table
カサブランカ タンタン通り
地球の癒し方
まっくわぁるど
ふとした一言が英語で言え...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧