カテゴリ:いつか英語が。( 30 )
アメリカで受けるTOEIC。
ワシントンDCにTOEICを受けに行く。

みーごーとーに、韓国人と日本人しかいない。
試験官のおじさんが「韓国人と日本人以外の人いる?」って聞き方で確認するほどなので、
この2国以外の受験者はホントーにレアなんだろうなあ。

そんな訳なので、一見、顔ぶれは日本での受験と変わらないんだが、
やっぱりアメリカらしい点はいろいろと有り。

①12時からの試験だったんだが、日本人らしく早めに着いたところ、
  予定になかった11時半からの試験を開催してくれた。
②試験官は短パンにビーサン。超気楽。もちろんアメリカ人のおっちゃん。
③机はA4一枚置けるか置けないかの極狭なやつ。
  アメリカの学校、どこ行ってもこの「椅子と一体化した極狭机」だよね・・・。
  日本人としては問題用紙と解答用紙くらい、普通に広げたいんですがね・・・。
④問題を開封させてから「エレクトリック・プロブレム」が発生し、リスニング始められず。
  何って、CDデッキの延長コードがコンセントボックスまで届かないだけの話。
  おいおい・・・。ヾ(-_-;)
  待ってる間、みんな他の問題チェックしまくり。いいのか。
⑤試験終了の合図後もガリガリ続ける人、数名。
  試験官何してるって、他の受験者と世間話中。
  ようやく注意したの、3分後。ああ自由の国・・・・。( ´△`)


して、アタシの出来ですが。

家で模試解いてるとね、どうにも簡単なのね。
時間なんか毎回夢のようにあまっちゃったりして。
気づかないうちに飛躍的に英語力あがっちゃったかなー、なんて思ったりして。

あるいは自分の買ったテキストが簡単すぎるんじゃないか、って。
一抹の不安もありましたが。

試験本番、後者だったことが判明。( ̄▽ ̄;)

チョー時間足りねーよ!!
最後の長文3つ、読まずに終わっちゃったよ!!
ぴぴぴーんち!!!ヘ(゜曲、゜;)ノ~

さて結果は何点だったでしょう?
[PR]
by kyurika1012 | 2006-05-13 14:01 | いつか英語が。
床屋の予約。
オットが英語で電話をかけている。

「ティナいる?じゃあパオラあいてる?オッケー、今から行くわ。」


フィリピンパブ通いかよ!!(▼O▼メ)
と突っ込みたくなる電話でしたが、床屋の予約です。

アタシのアタマの中でああ訳されちゃいましたが、
オットのアタマの中では、
「ティナさんいますか?ではパオラさんはお手すきですか?分かりました、今から伺います。」
ってなところだったに違いない。

英語だとどっちでも同じだもんねー。
[PR]
by kyurika1012 | 2006-04-16 16:26 | いつか英語が。
TOEIC申し込む。
アメリカでもTOEIC受けられるのかー、ということに気づき、
(日本と韓国だけのものかと思ってた。)
帰国してから試験受けるんじゃ、就職活動にも間に合わないしなぁということで、
5月13日のDC会場を申し込んでみた。

どうやらTOEIC、問題形式がリニューアルされたくさい。

個人的に見逃せないのがリスニング。
これまではアメリカ発音だけだったのが、
今後は米国・英国・カナダ・オーストラリア(ニュージーランドを含む)の発音を採用だと。
アメリカ・オンリーに戻してくれ本来あるべき姿になったということですね。(⌒^⌒)b

日本と韓国はすでに5月から新バージョンで実施されるらしいが、
アメリカでどうなのかはビミョー。
英文のTOEIC公式サイト見ても、読解力が足りずよくわかんないんだけど、
日本と韓国だけ新バージョンを先に始めて、他の国では秋から、ってことっぽい?

ぜひ、旧バージョンのままであってほしい。(-_-)


目標は・・・・・900・・・・・いちおう・・・・・言うのは自由だし・・・・・・・・・・・・。(無言)

達成したら自慢報告します。
帰国までTOEICについて何もふれなかったら、
「ああこのヒト駄目だったんだわ」と思って、そっとしといてやってください。( -_-)フッ

++++++++++

余談ですが、「TOEICリニューアル」の「リニューアル」って使用法は正しいのかしらん。
英文の公式サイトでは「renewal」ではなく「redesign」という語を使用している。

ふとした一言が英語で言えますよ~に♪留学相談こちらの記事で、
「家のリフォーム」とか「お店のリニューアルオープン」とかは間違った英語と読んだので、
「TOEICのリニューアル」はどうなのかなあと思っている。
どうなんだろう。?(゜~゜)ヾ
[PR]
by kyurika1012 | 2006-04-07 16:41 | いつか英語が。
Fly..............
元ベトナム人の友人と映画の話をしていたら、

友人  「蝿の墓って映画もいいって聞いたよ。」
アタシ 「蝿の墓?ホラー映画?」
友人  「ううん、日本のアニメな筈だけど?」

この時、友人の言い方としては、
「Grave of the.....fly or something.」と、「蝿(ハエ)」部分が不確かな様子。


あー・・・・・・
わかった。
わかっちゃった。
これだね?


火垂るの墓

b0042468_20145088.jpg
蛍(ホタル)=firefly
蝿(ハエ) =fly

ハエにしないで。(π0π)


[PR]
by kyurika1012 | 2006-03-16 20:02 | いつか英語が。
University of MarylandのESOL終了。
今期もUniversity of MarylandのESOLのクラスを金曜に2コマとっていた。

午前のクラスの生徒は偶然にもほぼ全員がMBA関連。
フルタイムの2年生(ダンナのクラスメイト)、1年生、聴講生、配偶者(アタシ)などなど。
先生は元カナダ人女性で、すごーくアタマの回転が速い。
60歳以上だと思うが、英会話以外にも植物園でボランティアしてたりして、活動的なヒトだ。
いろんなプリントを用意してくれてて、モリモリこなしていく。
いかにも「授業」って感じである。

午後のクラスは若い!
ハタチそこそこのコ達が「就職して働くのヤだなー・・・」なんて言ってりして、
なんとも微笑ましく懐かしい。
先生からしてUndergraduateの学生、つまり、ギャルである。
フツーの先生が「Good」「Excellent」言いそうなとこが、ギャル先生だと「Cool」です。
Teenagerっぽい発音聞いてるだけで、おばちゃん、ウキウキしちゃいます。v(≧∇≦)v

スラングが知りたーい、という我々の要望に応えて、毎回いくつか教えてくれるんだが、
「いいのか?」って思うようなのを、シレっと教えてくれる。

例えば「I don't have the balls to go skydiving.」
「あたしゃスカイダイビングなんてやる勇気ないよ。」ってな内容らしいんだが、、、

(・-・)・・・ん? 「balls」って何よ。
ピンときちゃった下品なアタシは、それがどっから来たのか聞いてみると、
案の定、ツルリとした顔で、「testicle(睾丸)だね。」ときたもんだ。≧(´▽`)≦
日本語にも同じ表現があるって教えてあげたら喜んでましたが。(笑)
(「そんなタマねーよ」とかって言うよね?でも外国人がそれ使ったらビビルわ!!)

最後のクラスはお約束の「食べ物持ち寄りパーティー。」
アタシもお約束で「寿司(もちろんアメリカ的巻き寿司)」作っていきました。
遅れて来る人が多かったので、来た人から順につまむ感じだったんだけど、
食べる人食べる人、「この米は・・・」ってそれぞれ米を褒めるのが面白かった。

なので、中国人の子に、このブランドがいいよん、と教える意味で、黒板にデカデカと

「田牧米GOLD」

と書き、最後となる教室を後にしましたとさ。ホホ。(`∇´ )

オマケ*1人米ミシュラン。
[PR]
by kyurika1012 | 2005-12-09 06:28 | いつか英語が。
Harry Potter and the Goblet of Fire
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」をいそいそと観に行く。
最近、「賢者の石」「秘密の部屋」「アズカバンの囚人」と立て続けに観て、
思いがけず、すっかりハマってしまったんである。
女も30を過ぎるとファンタジーに目覚めていくんだろーか。( ̄-  ̄ )

「炎のゴブレット」だと、ハリーも14歳。
随分と過酷な人生になってきたもんだ。可哀想に。よくグレないもんだ。

つーか、校長のダンブルドア爺さんはハリーを保護する気あんのか。
絶対、陥れてるだろ、あれ。
大体、3作目で役者が交代(リチャード・ハリス=>マイケル・ガンポン)して以来、
威厳がなく、漢方薬売ってる爺さんみたいにシミったれてて、よろしくない。
1~2作目は、キラキラと後光が輝くステキな爺さんだったのにな~。(# ̄З ̄)

+++

ところでハリー・ポッター、当たり前だがイギリス英語である。
ないものねだりというのか、イギリスっぽさを感じる度、うっとりしちゃって、もう♪
お子チャマのくせに、「I was wondering if you could~」とかって回りくどいし♪
可愛くって、オバチャン、ヨダレこぶし握っちゃいます。

↓その他、アタシレベルで気づけるウキウキポイント。

「can't」は「カーント」って伸ばすから「can」との違いが分かりやすくていい。
(米語の「can't」はアタシにゃ「can」と同じに聞こえていつも困るだに・・・。)

米語なら「ほにゃらら, right?」なのが、
「ほならら, isn't it?」みたく、付加疑問文の嵐になる。

ロンはしょっちゅう「bloody hell!!」言ってる。
米語では聞かないような。「Damn it!!」がポピュラーかと。

話ズレますが、2作目でハリーとロンを置いて車が1人で走り去っちゃうシーン、
あわてた2人が、「The car!!」と言って追いかけるのに妙に感心。
どんなに焦っても、ネイティブは定冠詞を忘れないのね、やっぱ・・・。(゜~゜)
(日本語的には、「その車!!」だもんね。(笑))

+++

ちなみに、2~3作目をDVDで一緒に観た友人、
本の表紙の絵柄と役者がそっくり!!
 どうやって、あんなに似た役者探してきたのかしら~。」と言っていた。

後日、別の友人から1~3作目の本を借りた。
表紙の絵が、コレ。↓

b0042468_16441876.jpg

似てねーよっ!!



マスオさんの青春時代・・・?


ついでに、DVDのSpecial featureにあったラフ画が、コレ。↓

b0042468_17155690.jpg

むっちゃ劇画風。



ハリー、イジられすぎです・・・。
ラドクリフ君、可愛いのに・・・。


b0042468_1720030.jpg

おまけ。
マンドレイクのラフ画、
かわいいっす。

※後日追記: マスオさんが表紙になってるのはアメリカ版みたいです。
         イギリス版のはちゃんとラドクリフ君っぽい顔してました!
[PR]
by kyurika1012 | 2005-11-26 15:21 | いつか英語が。
中絶!?
LADOのクラスで知りあったばかりのペルー人女性Fさん。
クラスの帰りに親切にもアタシを車で送ってくれるというではねいですか。(>▽<)
クラスで会うのは今日で2回目、クラス外で喋ったこともない相手だというのにこの親切。
南米の女性はあったかい人多いよな~♪

で、車の中でスモール・トーク。
結婚しているというので、「子供はいるのん?」と聞いてみたところ、

「ううん、2回、中絶(abortion)してるんだ。」

えええええええええ( ̄□ ̄;)

えっと初対面の会話からいきなりヘビーだぞ。
ミラーにはキリスト様の絵がぶらさがってるくらいで、敬虔なカトリックさんなんだと思うけど。
こんなサラリと中絶の話題でいいのか、コレ。

内心の動揺を隠しつつ、「Oh...I'm sorry to hear that....」と無難にとりあえず同情。

その後、医者のところで検査をしてどうのこうの、という話になり、
「chromosome(染色体)」という難しい単語が出てきたところで、
辞書をひかせてもらうついでに「abortion(中絶)」もチェック。
すると、
abortion
1: 流産(早産)させる(する)こと; 妊娠中絶、堕胎 
2: 不発の計画、失敗、出来損ない
3: (器官の)発育不全; 未熟器官、奇形
あ・・・・あぼーしょんって・・・流産てイミもあるのね・・・。
流産も早産も中絶も同じ単語ってどうかと思うんですけど。
紛らわしいっつの。(○`ε´○)
[PR]
by kyurika1012 | 2005-10-05 06:21 | いつか英語が。
Pronunciation Workshop @ LADO
b0042468_17255125.jpg
b0042468_17253688.jpg英語なんて多少発音が悪くても通じんだろー。
そんなにヤバくもないべ、アタシの発音ー。
そう思って渡米。

入国審査で早くも撃沈。
Σ(|||▽||| )


どこの国でも「Sightseeing」だの「seven days」だの言えば
ツルリと通るもんだと思っていたが、
911以降のアメリカ、外国人の入国審査にはキビシイんである。
寝耳に水的に予想外な質問をまくしたてられる。
なんのことやらさっぱりわからない。ヽ(~~~ )ノ ?

さらには移民の国アメリカ、
「外国人は英語が母国語ではないのだからゆっくり話しかけよう」などという考えはない。
立板に水的な豪速球英語が飛んでくる。
まったくもってちっともわからない。ヽ(~~~ )ノ ?

時差ボケ+不意打ちにやられて思わず固まるも、
「ここのホテルにぃー・・・何日間泊まる予定でぇー・・・」と説明を試みるが、
どうやら質問に対する答えとは違うことを答えていた模様。
あるいはアタシの英語が支離滅裂の意味不明で理解不能だった模様。

だめだコイツ、と心の中で思ったであろう入国審査官、
威圧感150%で「ペラペラブラブラ・・・アローン?」と聞いてくる。

オラもうだめだ・・・もうなんでもいいからYesと言っちまうべか・・・
と日本人らしいことを思い始め、「Yes」と口走ったその瞬間、
「"alone?(1人?)"と聞かれてるんだ!」と気付き、慌てて前言撤回、
めでたくオットと一緒の手続きで事なきを得たんである。
なさけなし・・・(-ι- )
( ちなみにアタシャこれでもTOEIC820・英検準1級さ・・・。( -_-)フッ)

+++++

前置きはさておき、(長い)

リスニングはもともと自信はなかったが、予想以上に聞き取れず、
発音はそれほど心配してなかったが、予想をはるかに上回って聞き返されることが多く。
ここはいっちょ発音のクラスでも取ってみるべと思うに至った訳なんである。
(ネイティブの発音ロジックを掴めばリスニング力もあがるのでは、と思っている。)

Montgomery Collegeの"Pronunciation and Usage"を取るつもりだったが、
バスがタダになるという先学期にはあったオマケが廃止されてしまったと聞き、
なんだか無性に悔しいのでLADOの短期のワークショップを取ることにする。
(↑安易・・・。 (・・。)ゞ )

来てみたら先生がメエメエ声で一瞬ひいたが、(でもとてもいい人。)
肝心な部分の発音はしっかりしていて、
「○○語を喋る人は△の音が×になりがち」などの真似(?)と説明がうまい。
メエメエ言ってもさすがはプロなんである。

生徒それぞれに対して、どの音ができてないか分析してくれる。
アタシは th / s / j / g / y ができてないとのこと。
ほほー。おもろい。
「これで敵のシッポを掴んだぜ!」的な爽快感がある。
今後に乞うご期待。でへでへ。
b0042468_17243844.jpg

メエメエ。

ヤギはマー(maa)と鳴くらしい。
ちなみに羊はバー(baa)である。

[PR]
by kyurika1012 | 2005-09-28 16:13 | いつか英語が。
外国人の発音する日本語。
ブラジル人の友人と電話で話していた。
彼女は今、「ニュースを通じてアメリカを語る&読む」という内容のクラスを取っている。

「クラスで話してたんだけどー、カズミがねー、」と言うので、
今度のクラスには「カズミちゃん」なる日本人生徒がいるんだなと思っていると、

「郵便局は広告を出しちゃいけないって言うじゃなーい?」みたいな事を言っている。

あ、カズミって、

b0042468_1056159.jpg

←カズミ


「KOIZUMI」「KAZUMI」・・・なるほど。

ちなみに馴染みの酒屋のおじさん(中国系)にも、
「小泉さん、勝ったね。」と話しかけられた。
有名人なんだなぁ。( ̄。 ̄) <首相ですから。


日本語ノンネイティブが日本語の単語を発音すると、さっぱりピンとこなかったりする。
ナットがOKだった。」というので「nut?」と思ったら「納豆」
バンキョウクに住んでる。」というのは「文京区」
キンザストリートが有名だよね。」というのは「銀座通り」
ジョジョギパークで」って何かと思ったら「代々木公園」(スペイン語はYをJで発音)

・・・・・ジョジョギって。

+++

小泉総理ってメルマガなんて持ってるんですね。
ニックネーム「純ちゃん」の記述もどうかと思うが、
「らいおんはーと~小泉総理から国民へのメッセージ」ってコピーにはクラクラきた。(@o@)
・・・頑張れ純ちゃん・・・。(あらぬ方向を見ながら)
[PR]
by kyurika1012 | 2005-09-19 10:50 | いつか英語が。
英会話教室@ワシントン日本人キリスト教会
キリスト教精神への理解を深めたいこともあり、タダだし近いし
ワシントン日本人キリスト教会での英会話教室に参加。

b0042468_1314359.jpg
午前の爽やかな光の中、
緑あふるる住宅街を散歩すること10分、
牧師館に到着。

紅葉もちょっとだけ始まってきました。
きれいだぜ~。癒しだぜ~。(*゜▽゜)/゜・:*

のほほんと1分遅刻で会場入ったら、
既にみなさんピシーと席につかれて牧師様のお話始まってました。(・o+)
日本人はかくも時間に正確なのだった・・・。(忘れていた<元来遅刻派)

久々に何かが定刻通りに始まることに感動を覚えつつ、自らを反省しつつ、
可愛い先生のキレイな英語を聞きつつ、
クラスを終えて席を立ったその時、

みんなスリッパに履き替えてたという事実を知る。
土足厳禁と気付いて目玉がびょーんと出たまま、
そそくさと帰らせていただきました。ε=ε=ε=ε=ヾ(;◎_◎)ノ
ここにザンゲします。╋(゜o゜;)アーメン。

そんな訳で日本を感じる日ですた。(´-`)

+++

参加者の中にKazさんのNIH留学記を通じてこのブログをご存知の方がいた。
が、なぜこのブログの作者=アタシと分かったのかがナゾだ。
確かに本名みたいなHMではあるが、それだけでピンと来るものか・・・?(・_・?)
[PR]
by kyurika1012 | 2005-09-13 12:31 | いつか英語が。



MBA私費留学ダンナの妻が綴る2年限定無収入アメリカ滞在記。ワシントンDCエリアはメリーランド州での暮らしのあれこれ。 by kyurika.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ひねもす写真館。
すたこら旅行記。
なんだこりゃ。
おもちゃ。
ひとこま。
私事ではございますが。
世界のへえ。
今日の宴。
ぐるめの部屋。
暮らしの手帖。
暮らしの野菜。
そこそこ自然派。
沁みる話。
燃える野望の運転免許。
燃える野望のWEB制作。
いつか英語が。
ゲージュツとか。
ただいまニッポン。
以前の記事
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
Link
フォロー中のブログ
イオリのキエフに住んでる...
夢見るかえる 
「つれづれオオサカ(仮)...
C's blog
ニ ノ チ カ
宇柳貝四方山話
ご利用はご計画的に。
うちの食卓 Non so...
Life.
ノースカロライナ生活
ねこのあくび
CHINA留学記.200...
wabi sabi
やにちゃらぼ
ハーバード留学記
元ニューヨーク・ホームレスの眼
髭眼鏡写真館雑記
もろてん。
どうなんかね、国際結婚。
m's New York...
楽貧生活
くま夫婦 by中央ヤンボル
ベジタブルな日々
じじもも日記 + ぴの
メリーランド通信あらため...
HALの賄いキッチンblog
My life in Y...
一花一葉
まなひなNZ
徒然草
はなももの別館
ここがヘンだよ肉食大国ニ...
食はココロを豊かにする。
Pineappleman...
A la Table
カサブランカ タンタン通り
地球の癒し方
まっくわぁるど
ふとした一言が英語で言え...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧