<   2004年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧
激安運転免許取得まで ★ その5 授業の風景編 
b0042468_2183828.jpgアメリカのティーンエイジャーの生態。
フィリピン系の濃いキャラ先生のクラスで学んだのは
それだけだったかもしれません・・・(涙)

「せんせー、水飲んできていいですかー」
「せんせー、トイレいってきていいですかー」
「せんせー、このゴミ、ゴミ箱にシュートしてもいいですかー」
何かと授業中、立ち歩く。 
先生に断るだけ行儀がいいというべきか・・・。(Θ_Θ;)

そして何かと授業中、食べている。 
クッキーとかスナックとか。シチューを食べるコもいれば、
なぜかキュウリを食べてるコもいた。

さらに何故か、このフィリピン先生、
「他の食べものはなんでもOK、でもチューインガムだけは絶対ダメ」と言う。
理由は「床を汚すから。」 
スナックやジュースの方がむしろこぼして床を汚すし、
絨毯敷きの教室の床にガムをペッはさすがにしないと思うけど・・・。(・_・?)

でもフィリピン先生はとにかく強硬に「チューイングガムを禁止」する。
毎日3回くらい禁止を宣言する。
毎日1人くらいはガム噛んでるのを見つかって連行され、ゴミ箱に吐き出させられる。
2週間、毎日この戦争は続く。
何がそこまでフィリピン先生にチューイングガムを嫌わせるのか。
何がそこまでティーンエイジャーたちにガムを噛み続けさせるのか。

謎である。

そして授業でビデオを見る際、自分の席からだと見えにくいので、
前に移動してくるのは分かるんだけど、
教室の床に寝っころがるんだ、これが。 ヾ(・ε・。)ォィォィ
さながら「日曜日にテレビの前に寝そべるお父さん」、のポーズである。 
くつろぎすぎだし・・・。

隣の美少年はものすごくヤル気がなく、ノートが5センチX7センチのメモ帳である。
そして憂いを漂わせた顔で机のハゲた部分をシャーペンでズーっと塗りつぶしてる。 
ちなみに先生にもっとも近い席に座っているが、まったく気にしてない・・・。

そんな15・16歳の少年少女に囲まれ、アタシは1人、31歳の外人として浮いている。
黙っていればハタチそこそこに見えて紛れられるかも♪なんて図々しいことを思っていたが、
フィリピン先生、外人が好きなのか日本人が好きなのか、アタシのことを構う構う。
(よって目立つ・・・というか浮く・・・。)

「こんにちは」「おやすみなさい」などの挨拶をしてくる程度ならまだしも、
「kyurikaは日本語を流暢に喋る」だの
「kyurikaは仏教徒?」だの
「日本ではお辞儀をする」だの
「日本では酒をお酌する」だの、
授業中みんなの前であれこれ話題にとりあげては話を振る・・・。
そっとしといてくれ・・・q(T▽Tq)

しかも先生、お気に入りの日本の歌をみんなの前で歌う。
授業中、ですよねって・・・(・Θ・;)
聞いた事ない歌だったけど、あんまり何度も歌うんで、覚えちまった・・・(ーΩー )

b0042468_20555749.jpg
ある日、その歌の歌詞カード(先生の手書き)を
コピーしてプレゼントしてくれた。
またあくる日、「CDウォークマン持ってきな」、と言われ、
面倒なんで「持ってない」と答えたところ、
その翌日、CDそのものを貸してくれちゃった・・・(A゜∇゜)
どうしても聞かせたいらしい。
そして、「明日、必ず返してね」だって。よほど大事らしい。

「嵐も吹けば 雨も降る 女の道は なぜ険しい」ってな歌詞で、
演歌かと思ったら、昭和30年代のポップス?めっちゃ古い曲だった。
でも意外にいい歌だったんでコピーしちゃいました。_(^^;)ゞ
「コピーした?」って聞かれたんで、「したよ」と答えたら満足げでした。

そしてアタシが「lyric」という単語を使ってしまったがために、
「L」と「R」の発音を特訓されることに・・・(泣)
っつーか外人同士で発音の練習したって・・・・アンタも発音悪いし・・・・。

まあ、目立った効用というべきか、
カタコトの日本語で話しかけてくる少年もいたりして、かわいかったけど。
「”ゴゴ”ってアフタヌーンでしょ?」 <なぜそんなピンポイントで単語を覚えたのだ・・・。

いきなり「何歳?」って聞いてきたコもいた。
「31」答えたら、
「ワーオ」 (ワーオって言うな!!)
「あんたは?」
「16」 
・・・この会話、ツライ。(/ー ̄;)

そんな訳で、運転に関することは何一つ身についてませんが、
ビデオも試験問題もギャグだったし、(思うけど、アメリカ人ってなんでもお笑いにするよね?)
まあ・・・いい経験だったかもね・・・。 (過ぎてみれば・・・何事もね・・・)
[PR]
by kyurika1012 | 2004-12-31 19:53 | 燃える野望の運転免許。
激安運転免許取得まで ★ その4 途中経過まとめ編
免許取得の道のり@メリーランド ここまでのまとめです。
※注:規定もよく変わるので、体験談として参考までに留めて下さいな。
下記はF2ビザ(学生の配偶者)、ソーシャルセキュリティーナンバー無し、日本での運転経験ゼロ、の場合です。


1:学科試験のためのハンドブックをゲットする。
  MVA(陸運局)でもらえます。
  「The Maryland Driver's Handbook 」というタイトルがついてます。
  遠くていくのが面倒であれば、近くの教習所でも「くれ」と言ったらくれるかも。
  それも面倒なあなたはMVAのサイトからPDFファイルをダウンロードすることもできます。

2:学科試験の予約をとる。
  私は出向いて予約したけど、電話でもできます。
  これで私は3ヶ月ほど待たねばなりませんでしたが、
  アポなしでいきなり出向いても空いてれば受けることができます。
  できるかどうかは時の運と担当者の運ですが。U ̄ー ̄U
  高校生が休みの時期は混み合うかと思われます。

3:学科試験時に提出する書類を揃える。
  「IDと年齢証明としてパスポート」はいいとして、居住証明を揃えるのが厄介です。
  SSNがない人はprimary sourceから2つ、secondary sourceから2つ、揃えます。
  このためにも、口座を開く時なり、電話やユーティリティーの契約をする時なり、
  自分の名前が入るように、予め画策しておく事が肝要です。

4:ハンドブックの内容を勉強する。
  オンラインのサンプルテストはヒジョーに役に立ちます。
  ここにいくつかリンクを載せてるので是非。

5:学科試験を受けに行く。
  この時ばかりはイヤでも悪名高きMVAに出向かねばなりません。
  アポを取っててもムダに待たされるし、向こうのミスで受けれなかったという人もいました。
  腹が立たないようカルシウムを充分摂り、
  視力検査もするので眼鏡やコンタクトを忘れないようにし、
  免許証に載る写真もとるのでしっかり化粧をし、
  冷たくてカタイ椅子に長時間座るので痔にならないよう尻回りを暖かくし、
  必要書類を忘れずに持参して出向きましょう。
  15分20問で、17問正解で合格。
  パスもできて、パスしたものは最後にまた出てきます。
  最後に簡単な標識の問題がくるので、
  ババーっとパスしてそれを最初に解くと、少しおトクかも( ̄∇ ̄*)ゞ
  受かればその場で$50くらい払って、Learner's permitをその場で発行してもらえます。
  落ちれば翌日また受けなおし、それでも落ちたら次は1週間後だそうです。

6:教習所を探して申し込む。
  私の行ったPotomac Driving Schoolは  オートマ$350、マニュアル$400。
  料金は教習所ごとに多少異なります。
  クラスで30時間、路上で6時間。これとは別に自分で40時間練習。(下記参照)
  時間はどの教習所も共通。
  1日3時間、月から金まで2週間ぶっつづけで通ってます。
  長期間ちびちび通うこともできるみたいだけど、これは詳細分かりません。
  基本的にはこの2週間短期集中でやるものみたいです。
  MVAが認定している教習所はこちら。
  
7:教習所で学科のクラスを取る。
  ほぼ毎日10~20問の小テストがあって、
  80%以上を取り続けないとアウトというのは共通。
  アウトになったらどうなるのか不明なんですが、
  たぶん、最終日のファイナルテストでどうにかしてくれるんだと思います。
  でも、常識問題が多いからLearner's permitの試験に受かった人なら大丈夫。
  (問題はどこの教習所でも共通。)
  ローカルのコたちは半数が満点取ってるし、
  私も予習復習ゼロでずっと80%は取れてる。v(。・ω・。)
  ちなみに学科はLearner's permit持ってなくても受けれるみたい。
  路上までには持ってないとだめだけど。

8:自分で運転の練習をする。
  「21歳以上で3年以上運転歴がありメリーランドまたは他州の免許を持っている人」
  を、隣に乗せて40時間自己練します。
  日本だと教習所で教官が教えるところを、アメリカだと親が路上で教える訳ですね。
  私の場合はオットに教えてもらってますが、40時間って結構たいへん・・・。
  時間は自己申告で、サバよんでもバレないと思うけど、 
  ログノートに、何日に何時間どんな状況で運転した、てなことを記録します。
  ログノートの最後には「私が監督してこの人40時間練習しました」って
  複写式の証明書を書くようになっている。
  これには監督した人の免許証番号だの書名だのも必要。
  1人暮らしで監督者のアテがない人は・・・教習所で2時間$90らしい。
  これやると日本で取るのと変わらない金額になっちゃいますねー。  

+++++++++

で、この後、学科が終ったら路上講習の予約を入れー、
Learner's permit取得から4ヵ月後に、MVAでの実技試験を受けー、
受かったら晴れてProvisional license取得!となる予定でございます。
このへんは、実際に体験してからまた追記で書きまぅす。
[PR]
by kyurika1012 | 2004-12-30 21:57 | 燃える野望の運転免許。
ナッパ (NAPPA)
b0042468_16381825.jpg
白菜の水分を少なくした感じ。
キャラの薄い葉物。
でも没個性ゆえに何にでも使えるので案外便利。
白菜が丸々1個でしか売っておらず、デカすぎてあまり手が出ないので、代わりに。
ほうれん草が土だらけでしか売っておらず、しなびてる率も高いので、代わりに。
5房セットで売ってるチンゲン菜にも飽きたなー、という時に、代わりに。

・・・なんだか幸の薄い都合のいい女みたいな野菜だな。
[PR]
by kyurika1012 | 2004-12-27 16:37 | 暮らしの野菜。
コリアンラディッシュ (KOREAN RADDISH)
b0042468_1630629.jpg
超お気に入り。
最初はJAPANESE RADDISHを買ってたけど、
こっちの方がジュヴァァーとみずみずしい。
サイズが短いから新鮮なうちに使い切れるし。

やっぱ冬は大根だね~♪
[PR]
by kyurika1012 | 2004-12-27 16:28 | 暮らしの野菜。
オットNYへ行く。バス情報。
オットが1人で日帰りでNYに行って来た。

向こうで友達数人と夜に会うので、
夜遅くにNYを出て真夜中にDCに帰ってくるバスを探していた。
アタシが前回利用して割とまともだったWashington Deluxeは17:30が最終のためバツ。
同じ値段で(往復$35)Apexbusが23:00発があったので、これを利用することにした。
DCのユニオンステーションから出て、NYの88Eブロードウェイに着く。
DCの15st/Kstから出て、NYのペンステーションに着くWashington Deluxeに比べると、
治安面ではイマイチ。(超危険な場所って訳ではない。)
帰りが深夜なんで心配だけど、ま、男だし、大丈夫でしょう。

予約ナシで来た人をガンガン乗せるのはWashington Deluxeも同じだったけど、
このバス、ボルチモアで満員になったらしく、
予約してあったらしき客を5・6人残したまま出発。 
この寒い中待ってたんだろうに・・・(ノヘ;) しかも次のバスまで1時間半・・・(ノヘ;)
しかもしかも今回のApexbusはオンライン予約の時点でカード引き落とし。
ちゃんと返金されるんだろうか・・・。
(アメリカそういうの理不尽にもなかなか戻されないこと多し。)
(ちなみにWashington Deluxeは当日運転手に$35渡す形だった。)

さらには道中、何度か意味不明の停車もあったらしい。
説明がないため、何待ちだか分からず。
ドライバーのトイレ待ちってのもあったようで。┐( -"-)┌

帰りは雪が降ったとのこと。
夜で、雪。 
そして、

ワイパーがこわれたんだって。キャッキャッ(*゜∇゜)


運転手、外に出て行き・・・
そして・・・

車体をガンガンと叩いた。


・・・それでいいのか、先進国っ!!(▼▼;)σ

結局、故障は直る訳もなく、ワイパーなしで、雪の夜道を帰ってきたそうです。
すーごくこわかったそうです。

まあ、運転手次第とか、時の運とか、物の見方がアタシは楽天的でオットは悲観的とか、
再考の余地はあるけど、ApexbusよりWashington Deluxeのが良さそう、かな・・・。
Apexbusは時間によっては、うちらが住んでるRockvilleからも出てるから、
捨てがたいんだけどねー・・・。
[PR]
by kyurika1012 | 2004-12-26 00:21 | 暮らしの手帖。
ビンボウなセレブ
b0042468_22322580.jpg
無収入のクセに高いアパート住んでます。
ぶっちゃけ家賃$1250です。
団地の4畳半で妹と陣地を奪いながら幼少期を過ごした
自分的には相当セレブなアパートです。

プールはもちろんのこと、(ここらへんのアパートはついてるとこが多い。)
ビジネスセンター、(レーザープリンターがあるので大量に出したい時に便利。)
ミニライブラリー、(小洒落たビジュアル系の本があって人待たす時に使える。)
ジム、(アメリカ人は運動好きなので、ここは必ず1人か2人いる。)
ビリヤードとカウンターバー、(ちょっとしたパーティーに使えそうなスペース。)
ホームシアター、(小部屋になってて、予約して使える。)
ガレージも屋内だし、(雪降ったら屋外だと大変かも。)
洗濯機も室内にあるし、(部屋にはなくてアパート共用、というところも多い。)
部屋には暖炉だってある。(使わないけど。)


・・・訳あって高いアパートに決めたけど、(アパート探しの経緯はこちらこちら
  決めたけど・・・
  決めたけど・・・
  決めたのに・・・

クリスマスの日に雨漏りしなくてもいいんじゃないかと。(涙)


b0042468_2313411.jpg
この窓も一見普通だけど、実は幅のサイズがマチマチ。
ブラインドが収まりきれずナナメになってる窓があったんで、
測ってみたら窓の上下で4センチ幅が違った・・・。
そんな大雑把な建築物って・・・。

パッと見の見栄えはよくって、よく見ると作りがガサツなものって、アメリカにはいっぱいある。
建築物に限って言うと、日本より寿命が長いから、肝心なトコはよく出来てるんだろうと思う。
調子がよくって、要領がよくって、いい加減だけどゴマカシが上手いってあたり、
O型っぽくて共感を覚えるなあ・・・。(-_-)

リーシングオフィス(アパートの管理人さんみたいなもの)がクリスマスで閉まってるので、
雨漏り問題の解決は保留。
だけど・・・そういえばうちって最上階じゃないぞ。どうなってんだ?( ‥) ???
[PR]
by kyurika1012 | 2004-12-25 22:30 | 暮らしの手帖。
クリスマス★電飾家庭
アメリカのクリスマスは一般家庭が趣向を凝らしまくってイルミネーションをつけている。

b0042468_16214247.jpg

写真のような家があちらこちらに並んでて、都市のイルミネーションより見てて楽しい。
そういうのは日本にもあるしね・・・( -_-)フッ 
(↑初雪の寒さに負けてホワイトハウスのツリーを見ずに帰ってきた人。)

24日のスーパーは激コミでした。スーパー2件に4時間消費。
ご馳走の準備は昨日までにすませとけー!!クリスマスがなんだってんだバカヤロー!!
という気になり、ウチのディナーは石狩鍋にしましたとさ。
[PR]
by kyurika1012 | 2004-12-24 18:32 | 世界のへえ。
激安運転免許取得まで ★ その3 教習所学科編
アメリカ運転免許第三弾、教習所に通い始めた編です。

アメリカは教習所なしで免許が取れると聞いてたものの、
時代が悪いのか州が悪いのか、現在のメリーランドでは通わねばなりません。

Yahooのイエローページで近所の教習所を検索したところ、4件該当が。
(結構あるじゃん?)
1件目は歩いたら40分くらいかかっちゃうので却下。
2件目は半地下で薄暗くオフィスアワーなのに誰もいなく、あまりに怪しかったので却下。
3件目と4件目は名前が違うけど同じ住所。
行ってみたら同じ教習所だという。(名義貸し・・・?)
まあ家から歩けるし(これ重要。この寒い中バスなんて待ってられない。)、
料金もオートマ$350で聞いてた相場の範囲だし、
ホテルの一角にあるから夜道でも危険が少なかろう、ということで決定。
RockvilleのPotomac Driving School(Washington Driving School)にしますた。

で、通ってみた訳ですが、

ひどいんだ、これが。(;ΘβΘ)~~σ

申し込んだ時に、
「クラスが始まるより前にテキストほしいんですけどー」と言ったところ、
(英語に不安があるから予習しときたいじゃない?)
「テキスト?ないよ。」
「まじっすか!!???ノ( ̄0 ̄;)\」というやりとりがあり、
そこから不安な空気は漂っていたんだけど・・・。

初日。1時間かけて教わったこと。
  さわがない。
  あばれない。
  先生に反抗しない。
  床はきれいに。
  チューインガムは食べない。
  遅刻をしない。
  早退をしない。
  エトセトラエトセトラ・・・・

・・・・・小学校か、オラァ!!(▼O▼メ)

まあ確かにアタシ以外はみんな子どもです。
義務教育の一環か?と思うくらい。10代のうちに取らないってありえなそう。
「14歳の人いるー?」なんて先生が確認するくらいで、たいがいみなさん15歳か16歳。
OHPのスライド使って授業してんだけど、その中の1文で、
「大人と一緒に運転すること」というのがあり・・・(゜Д゜)
・・・そうよね、子どもが運転するのよね、ここんちの国は。 
ちなみにあたしゃあんたらの2倍の年齢さ、ふっ・・・( -_-)

しかもLearner's Permitを取ってから教習所に通うものだと思っていたが、
取る前に来てる人も半分いますた。 それ、いいんだ?
なので、既に自分で勉強し終えた内容を授業でやったりするわけで・・・。
簡単でいいけどさ・・・。
毎日小テストをやり、常に80%とらなきゃならないんですが、
とりあえず初日分のテストは1秒たりとも勉強せずに90点でした。
残念ながらアタシのアタマがいいわけじゃなくて・・・(・・*)ゞ
選択肢が「ニンジン・大根・タマネギ・うさぎ」ってなってて1つ選べって言われたら
「うさぎ」選ぶじゃない?そのノリで。結構イケます。

フィリピン出身の先生のキャラがまた濃くてさ・・・・・・・・後日に続きます。
[PR]
by kyurika1012 | 2004-12-20 15:01 | 燃える野望の運転免許。
USホロコーストメモリアル
お気楽なバレエを観た後はズッシリ重たくホロコーストメモリアルに行って来ました。

本来は、朝10時に行って整理券をゲットし(1人4枚まで)、
指定された時間に行かなきゃならないんですが、
世の中はクリスマス前、しかもマイナス6度の激寒の日に、
わざわざ虐殺を見にくる物好きも少ないらしく、待たずにまツルリと入れました。

実際目にすると想像以上に衝撃は大きいです。
たいていの戦争博物館は「写真」「文章」「展示品」だと思いますが、
ここには「映像」があります。
相当な量の、相当な内容の映像が流れています。
これほど無残なことが、
「映像という技術があるほど現在に近い時代」に
行われていたんだという事実を深く認識することになります。

実際に強制収容された人のIDカード(実名・写真入り)を、見学者1人につき1枚もらいます。
私がもらったのはポーランド生まれの11人のお母さん、
夫のはドイツ生まれの10代の少女でした。

ワシントンDC来たら、行った方がいいと思います。

United States Holocaust Memorial Museumのサイトはこちら
[PR]
by kyurika1012 | 2004-12-19 23:18 | すたこら旅行記。
くるみ割り人形★ワシントンバレエ団
b0042468_175534100.jpgb0042468_17572687.jpgb0042468_175621.jpg
クリスマスらしく、ワシントンバレエ団の「くるみ割り人形」なぞ観に行ってみました。

どこまでもアメリカンな「くるみ割り人形」だった・・・( ̄。 ̄)


1:バレエのくせに笑いを取ろうとする。

2:「お母さんと一緒」に出てくるよな「かぶりもの系」がいっぱい出てくる・・・q(T▽Tq) 

3:「お菓子の国」が「桜の国」になっている。(ワシントン風アレンジ?w(゜ー゜;)w)

4:「アラビアの踊り」が何故か「インディアンの踊り」に。
   ・・・しかも男子の衣装が赤パンに赤マスクでどうみても変態・・・・( ̄□ ̄;)

5:むりやり人種のるつぼにアレンジ。
   ・・・白人・黒人・アジア人、ヒスパニック系、みんな混じってるバレエって初めて観た。

6:バレエの技術は「キレイだけどちっとも凄くはない」
   ・・・でも衣装や舞台の華やかさで誤魔化すのがじょ~ず~(○ ̄ ~  ̄○;)


でもアタシ的にはがっつり楽しみました。
なんてったって、最前列のど真ん中でしたし。ふふふ・・・(ΦωΦ)
が、オットは「子どもをたくさん使って踊らせて誤魔化している!」と大変お怒りの様子でした。

手数料入れて一人当たり$78。
今までの娯楽の中でも最高値。費用対効果としてはオススメはしませんね・・・。
安い席でも遠くから見てたら逆に寝てたと思うし・・・。

・・・明日からは質素に暮らします(泣)。(/ー ̄;)


[PR]
by kyurika1012 | 2004-12-19 16:52 | ゲージュツとか。



MBA私費留学ダンナの妻が綴る2年限定無収入アメリカ滞在記。ワシントンDCエリアはメリーランド州での暮らしのあれこれ。 by kyurika.
カテゴリ
全体
ひねもす写真館。
すたこら旅行記。
なんだこりゃ。
おもちゃ。
ひとこま。
私事ではございますが。
世界のへえ。
今日の宴。
ぐるめの部屋。
暮らしの手帖。
暮らしの野菜。
そこそこ自然派。
沁みる話。
燃える野望の運転免許。
燃える野望のWEB制作。
いつか英語が。
ゲージュツとか。
ただいまニッポン。
以前の記事
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
Link
お気に入りブログ
イオリのキエフに住んでる...
夢見るかえる 
「つれづれオオサカ(仮)...
C's blog
ニ ノ チ カ
宇柳貝四方山話
ご利用はご計画的に。
うちの食卓 Non so...
Life.
ノースカロライナ生活
ねこのあくび
CHINA留学記.200...
wabi sabi
やにちゃらぼ
ハーバード留学記
元ニューヨーク・ホームレスの眼
髭眼鏡写真館雑記
もろてん。
どうなんかね、国際結婚。
m's New York...
楽貧生活
くま夫婦 by中央ヤンボル
ベジタブルな日々
じじもも日記 + ぴの
メリーランド通信あらため...
HALの賄いキッチンblog
My life in Y...
一花一葉
まなひなNZ
徒然草
はなももの別館
ここがヘンだよ肉食大国ニ...
食はココロを豊かにする。
Pineappleman...
A la Table
カサブランカ タンタン通り
地球の癒し方
まっくわぁるど
ふとした一言が英語で言え...
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧