<   2006年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧
酢シャンの告白。 5:まとめ編
酢シャンシリーズ完結編。
酢シャンて結局どうよ、って話です。
個人的な体験に基き、以下に酢シャンのメリット、デメリットをまとめてみましたとも。

◆得るもの(メリット)
 ・抜け毛が減る(♪)
 ・ハリ、コシ、ボリュームのある髪に。
 ・酢1つでシャンプー&リンスなので、手間が1段階しかなくてラク。
 ・風呂サボっても頭皮が臭わなくなる
 ・風呂サボっても頭皮が痒くなくなる
 ・安上がり。

◆失うもの(デメリット)

 ・女として王道を歩んでいる自信。
 ・シャンプーの匂い。(でもコロンやアロマがあるから問題なし。)
 ・イマドキっぽいキラキラなツヤ。(前から無かったから個人的には問題なし。)
 ・風呂上りにフケが出ることがある。(乾かす時に取れば平気。でも面倒。)
 ・髪にベタつきを感じることがある。(酢のいれすぎ、などなど。)


こんなとこかしら。

最初、合成から切り替える時は、
洗っても頭皮の脂肪が抜けきらない感があって、ちょっと不愉快。
でもって、風呂あがりなのにフケがついたりして、これまた不愉快。

でもそこで諦めないで、続けていると、体質が変わって、
頭皮もサラサラになるし、フケもなくなります。

合成シャンで油分を取りすぎるから、頭皮も脂を分泌するのであって、
取り過ぎなければ、必要以上には分泌しなくなります。
ただ、この体質が変わるまでに、時間がかかると言われてます。
1ヶ月という人もいれば、1年という人も。

なので、まあ「酢シャン」は人によって合う合わないが結構ありそうだけど、
(合成シャンを止める、ってのはハードル高いよね。)

でも、「酢リン」は、かなり一般的評価が高いっす。
サラサラになった!髪が生き返った!など喜びの声をあちこちで聞くし、
作業中に酢のにおいがすること以外には否定的な意見を聞かないので、
これは皆さんも一度試して損はないかも。

◆やり方 
 ①洗面器におちょこ1杯の酢を入れ(リンゴ酢でも米酢でも)、
 ②シャンプー&リンスするなら、サラサラと髪を浸して頭皮を洗う。
  リンスだけなら、浸すか被る。
 ③すすいで、乾かす。

◆ポイント 
 ①酢は少量。多く入れすぎるとベタつく。
 ②ちゃんと乾かさないと、におうことがあるというウワサ。


ちなみに、もーちょっと、サッパリしたいなあ、という時は
「塩シャン(or重曹シャン)+酢リン」で、

もーちょっと、毛先をしっとりさせたいなあ、という時は、
ちびっとオリーブオイルつけてます。(つけすぎると大変なことになります。)

塩だの酢だのオリーブオイルだの持ちこんで風呂に入っていると、
注文の多い料理店な気持ち。( ̄-  ̄ )

興味がおありでしたら写真もあるでよ。
[PR]
by kyurika1012 | 2006-02-28 23:08 | そこそこ自然派。
酢シャンの告白。 4:ハゲない編
薄毛です。
遺伝です。
ママンも、ばーちゃんも、ひいばーちゃんも、薄かったとです。(ヒロシ風味)

ママンのアタマを触っては25年後、
ばーちゃんのアタマを触っては50年後と、
将来に対する唯ぼんやりとした不安を芥川龍之介ばりに感じて生きてきました。

それがね、酢シャン以来、劇的に抜け毛が減ったの♪ V(=^‥^=)v

まあ正確に言うと、アタシの場合はムダなステップ踏んじゃいました。
酢シャン初期ってやっぱり、合成シャンプーみたいなスキっと感がないのが不安で、
「これで大丈夫?汚れ落ちてる?人としてヤバくない?女としてアリなレベル?」
とか色々考えてるうちに、

強い力で、頭皮を揉みしだくように洗うようになりました。脂肪を押し出すみたいに。
メンズエステ勤務経験のあるNちゃんも「ハゲのお客さんは頭皮が硬い」って言ってたし。
ハゲ対策マッサージも兼ねていいんじゃないかなって。
ついでに二の腕の運動にもなっちゃったりするんじゃないかなって。

これ、間違いだった。
マッサージ師をナメんなって話だった。
頭皮って、シロートがマッサージすると、かえってハゲのモトかも。
なんか産毛が抜け毛になっちゃって、未来が見えない感じだった。

で、合成の頃と同じ「やさしく撫で洗い」に戻したら、抜け毛は激減しました。
合成の頃は毎回20本くらい抜けてたんじゃないかなあ。
酢シャンの今はへたすると5本以下。ステキ。(* ̄◇ ̄*)

整理すると、
 ・合成×やさしく撫で洗い=毎回20本くらい抜けてた
 ・酢シャン×強く揉み洗い=抜け毛総量は減ったが、産毛が抜ける!!
 ・酢シャン×やさしく撫で洗い=毎回5本ほどしか抜けなくなった
ということでやんす。
とりあえず「強く揉み洗い」は、酢シャンのみならず、合成シャンの人もやめるがよろし。

日本はアジアの中でもハゲ先進国第1位で、
中国なんかハゲ少ないんだけども、日本に行くとみんなハゲて帰ってくるらしい。
(と、清水ちなみの禿頭考で読んだ。たぶん。)

で、これは定かな記憶じゃないんだけど、
アジア内ハゲ国2位ってシンガポールじゃなかったかなあ。

アジアだけでなく、世界でいうなら、もちろん西欧のハゲ率はもっと高いです。
ただ白人は肌と髪の色のコントラストがマイルドだから、そんなに気にしないんだろうけど。
(我々は黄色と黒のコントラストですからね・・・。)

つまり、先進国で、クリーンで、シャンプー暦長い国ほど、ハゲてない?
とかちょっと思ったりして。
(かなり適当に喋ってますが。)

最近、「ナバホインディアンにハゲはいない」「ナバホシャンプー」なんて広告見かけるけど、
あの人たち、そもそも滅多にシャンプーしないと思うよ?
インディアン、水は貴重。

だからね、合成シャンプーの使いすぎはハゲのモト、ってホントだと思う。
あと、シロートな強力頭皮マッサージもハゲのモト。
ご注意を。 (< to ママン)

(しつこくつづく)
[PR]
by kyurika1012 | 2006-02-28 22:54 | そこそこ自然派。
酢シャンの告白。 3:におわない編
酢シャンなんて、クサイんじゃね?汚れ落ちきらないんじゃね?
そう思われることでしょう。
ワタシもそう思いました。

確かに、シャンプーしてる最中は、「お酢~(*´y`*)σ」な香りに包まれてます。
が、タオルドライした段階では、ごくごく微かにしか匂いません。
で、ドライヤーで完全に乾かすと、まったく匂いはなくなります。
女子として無臭がさみしければコロン噴くなりアロマ焚くなりすればいいんです。

自分は酢の臭いに鼻が慣れちゃっただけじゃないのか。
自分で頭皮の臭いはチェックできないんじゃないのか。
その疑い、ワタシも最初は持ちましたので、オットによる検査をば致しました。

オットは酢がキライ。
特にアップル・ビネガーの匂いが大キライ。
ちょっと料理や掃除に使っただけで飛んできて、
「使わないでって言ったでしょ!」とキーキー怒って換気しだすくらいキライ。

なので、妻がアップル・ビネガーでシャンプーしてるのは極秘。
バレないよう、それはそれは気を遣ってきた訳です。(オットー、読んでるー?)
でも、グランド・サークル旅行中、シャンプーが減らないのを訝しまれました。

そこで、「大自然を旅してる最中は環境保護のため湯シャン」であるがごとく振る舞い、
「くさい?くさい?」と酢シャン後のアタマの匂いをかがせてみる訳です。

オッケーがでました。いひ。("▽")
くさくないそうです。
酢シャン後とは夢にも思っていない模様。
臭わないということは、頭皮の汚れも人として問題ない程度に落ちていると思われます。

以上、「酢シャンはにおわない」証明終わり。

しかもね。
風呂サボっても、頭皮がヤな臭いしなくなった。
無臭とは言わないが、なんだろ、合成シャン時代にあったヤバイ臭いがしない。
これ儲けもの。

(さらにつづく)
[PR]
by kyurika1012 | 2006-02-28 21:47 | そこそこ自然派。
酢シャンの告白。 2:試行錯誤編
脱シャンと言えば、もっともポピュラーなのは、せっけんシャンプー。

でも、ちゃんと商品化されてる石鹸シャンプー買うのはめんどくさい。
調べるのも面倒だし、買うのも面倒だし、高いかもしれないのも面倒。

思い立つまでは時間がかかるけど(なんせ3年)、
思い立ったら今日やりたいワケです。

で、いま、ウチにあるのは、牛乳石鹸。
♪牛乳石鹸、よい石鹸♪ なんつってイメージいいけど、
これって、アレでしょ、要は牛サマの死体っしょ?
ナチがユダヤ人の死体で石鹸作ってたのと同じ原理っしょ?
こいつにアタシの髪は任せらんねぇ。

そこで、酢。
ウチの台所で眠ってたアップル・ビネガー氏が登場。
なんてったって500mlの瓶で89¢、100円程度っすから。
今のアタシの貧乏生活シンプル・ライフにピッタリ♪

で、洗面器に湯を張って、こいつをオチョコ1杯分、入れ、その中で洗髪。

・・・というのが、一般的なやり方なんだが、ここはアメリカ。
我が家に洗面器はナイ。
ので、以下の三通りで洗髪しております。

1:外人風呂に湯を張って、浴槽内に酢をタパタパっと入れちゃう
2:ペットボトルに湯を入れて、チョポっと酢を投入、シャンプーよろしくアタマにかける
3:洗面台に湯を張って、オチョコ1杯分の酢を入れる

3については、アメリカの洗面台でシャンプーするには、
アタシの身長がついていかない、ということを発見し、1度きりとなりました。

(まだ続く)
[PR]
by kyurika1012 | 2006-02-28 06:48 | そこそこ自然派。
酢シャンの告白。 1:きっかけ編
告白します。
1ヶ月半ほど、シャンプー使ってません。

・・・あ、今、友達減った?

酢シャンしてます。
(におわないから友達やめないで。)

そもそものきっかけは3年前。(そんなに前かよ。)
会社の先輩Rさんが妊娠し、せっけんシャンプーに切り替えてた。
というのも、頭皮から入ったシャンプーって、抜けずに子宮などに溜まるらしく。
生まれたての赤ん坊からシャンプーの匂いがすることがあるとか。
いわゆる経皮毒ってやつですね。

コワくねぇ?
アタマと子宮、全然違うとこにあんですけど。
これ、つながっちゃうくらい、毒、消えないワケ?

シャンプーって毒なの?というアナタには、はい、これ、ドン。合成洗剤恐怖の人体実験
動物実験には基本的に反対なんだけど、シャンプー塗っただけでこうなるとは。

それと去年。
田舎で自然な暮らしを楽しむ友人ももさんの日記(mixi)を読んだ。
下水がないので、自分の敷地が自分の使った洗剤類によってダイレクトに汚染されるとのこと。
なので、すべて環境に負担のないものに変えたらしい。

そーよね、下水が完備ってありがたいことではあるけど、
自分という原因と、「んー、あら川は今日もクセェなぁ」という結果、つながりにくい。
「まあ、東京だからね。」とかって、ウヤムヤにしちゃいがち。

Mちゃんちは、自然に囲まれた本当にステキなとこなので、
あの家の裏庭に合成洗剤が流れるサマを想像すると、
自分のしてることの罪深さにしみじみします。
水槽に魚入れてシャンプー垂らすと、魚、死んじゃうらしいっすからね・・・。

この2つの出来事が、じわじわとアタシの精神に影響を及ぼし。
本年明けて1月7日。ふと脱合成シャンを思いたったワケです。

(長いので、つづく。)
[PR]
by kyurika1012 | 2006-02-28 05:43 | そこそこ自然派。
インフルエンザと逃したPerrys。
月曜日の夜は、かねてから楽しみにしていたPerrysでのディナーだ。
友人Yさんの板前ダンナさんが、このレストランに転職したのだ。
それはそれはもう舌なめずりして楽しみに、

土曜の夜にひいた風邪を治すべく、
せっせと睡眠に励み、ニンニク・ネギ・生姜関係やビタミンCの摂取に余念もなく。
あまりに重たいので最後の手段で風邪薬も飲んでみた。(なるべく飲みたくない派。)
が、回復には至らず、激的悪寒頭痛倦怠感筋肉痛咳喉痛発熱38.3℃、
重篤な症状キープしちゃったまま月曜を迎え。

あえなく当日キャンセル。(π0π) (ほんとーに、ごめんなさい。m(_ _)m )

そしてお友達がPerrysで優雅なディナーを楽しんでいる頃。
目に何故か異常な疲れを覚え、体にカロチンの補給を訴えられたアタシは。

b0042468_17512753.jpg

にんじんの一本食い

オーガニックだから皮もむかずにそのまま♪

あー・・・・・
ワイルドー・・・・・
つーか孤独ー・・・・・(/ー ̄;)
なかなか重篤な症状が長々しく続くので、
風邪じゃなくインフルエンザじゃなかろうか、とボチボチ思い始め、
翌朝火曜日、まんまと39.8℃。
高熱3日目。悪寒最高潮。間違いねぇ。(ーΩー )
道理でツライと思ったよ!!

ちなみにオット、サービス精神満点の手厚い看病をしてくれますが、
アタシが風邪の時は絶対チューしてくれません。
ま、それは普通かもしれませんが、自分が風邪の時は積極的にチューしまくりです。
伝染せば治ると思ってるんです。卑怯な・・・。(~-~;)

で、ここから風邪とインフルエンザと自然治癒力の役に立つ(かも)話。
[PR]
by kyurika1012 | 2006-02-27 17:16 | そこそこ自然派。
日韓中合同会議パート2。
前回、韓国人Yちゃんのアルバムを見て盛り上がったので、
今回は中国人Lちゃんので、やんややんや。
ハイライトはやっぱり婚礼写真!!

b0042468_5561277.jpgb0042468_5562139.jpg
ステキじゃねぇ?(* ̄。 ̄*)
ちょっとレトロで、お姫様みたいじゃねぇ?

b0042468_5584014.jpg
←Lちゃんのお友達のも送ってくれました。
部族が違うと衣装も変わってくるそうです。
派手だ!!
(芸能人かくし芸大会ぽいぞ。)

「中国では、結婚式当日、花嫁の両親は自宅待機」と前回Lちゃんに聞いたので、
その後、中国人3人(香港人含む)に、この件について質問してみたところ、
「ああ、そうだよ。」が1人、「そんなの聞いたこともない!」が2人。

中国は大きいっつーことっすねー。(* ̄ρ ̄)”
あれだけ大きければ、どこかの地方の慣習を知らなくて当然だし、
自分の地方の慣習と同じことを他の地方でもやってるんだろうと思うのもまた然り。

で、この「聞いたこともない!!」をLちゃんにフィードバックしたらまたビックリしてた。(笑)

しかしこうして写真見せてもらうと、民族衣装での婚礼ってやっぱいいよね。
韓国人Yちゃんも中国人Lちゃんも、洋風のウェディング・ドレスと民族衣装と両方着てた。
日本でもウチらの親の世代はそれが主流だった気がするけど、今じゃ滅多にないもんねぇ。
こうなってみると、自分の和装写真がないのが残念だすー・・・。( ´△`)

ところで、ジャージャー麺食べるブラック・デイについてYちゃんに聞いてみたところ、
カレーを食べるイエロー・デイもあるそうだ。≧(´▽`)≦
ブルー・デイやらローズ・デイやら、いろいろ続きがあるそうだ。
(もっともそれほどポピュラーではないらしいが。)

英語版のWikipedia
に「11/11Pepero Day」という可愛い名前も載ってたので、
「ペペロって何?」と聞いたところ、「1」らしい。

b0042468_703097.jpg
このお菓子がペペロって名前なのは、
カタチが数字の「1」に似てるからなんだってー。
なるほどねー。(・0・。)

ポッキー、パクった?


[PR]
by kyurika1012 | 2006-02-25 05:43 | 今日の宴。
持ち物バトン
mixiのたんたん@DCさんから持ち物バトン頂きました。

お暇ならどうぞ。持ち物バトン。
[PR]
by kyurika1012 | 2006-02-24 02:16 | 私事ではございますが。
無条件バトン。
Myumsさんから無条件バトンいただきました~。v( ̄ー ̄)v

ちなみにMyumsさん、ダンナのBooさんのSEOコンテストに貢献中。
微力ながらワタクシめもリンク貼らせていただきます。
7ndotcom-elursrebmem
みなさんも是非。(?)

で、アタシの無条件バトンはこちら。
[PR]
by kyurika1012 | 2006-02-23 02:19 | 私事ではございますが。
スノー・チュービング。
友人Cさんがイイもん教えてくれたよー。

b0042468_0175059.jpg

スノー・チュービング。



浮き輪で滑るウォーター・スライダーの雪版みたいなもの。
(つまり浮き輪の形したソリか。)

たーのーしーいーヾ(≧▽≦)ノ
たーのーしーいーヾ(≧▽≦)ノ
たーのーしーいーヾ(≧▽≦)ノ

もう、童心に返って、アホみたいに楽しんできますた♪
スキーやスノボみたいな技術が要らないので、運痴の強い味方♪
でも、もんのすごいスピードなので、(凍ってたもん。気分はボブスレーさ。)
↑あんな爽やかなショットは決して撮れません。

下にはキーパーさんたちがいて、止まりきれなかった人間ボールを受け止めてくれます。
このキーパー制度は多分日本のチュービングにはないんじゃないかなぁ・・・。
日本人がやるには職業としてワイルド過ぎるような・・・。( ̄-  ̄ )
(土地あるくせに自然に止まる距離でレーン作らないのが不思議だ・・・。)

b0042468_154294.jpg
連れてってもらったのはペンシルヴァニア州の南、
Liberty Mountain
Rockvilleから1時間~1時間半くらい。
週末・ピーク時料金で2時間$17でした。
近隣にお住まいの方、是非♪


行くならTips
[PR]
by kyurika1012 | 2006-02-20 00:13 | すたこら旅行記。



MBA私費留学ダンナの妻が綴る2年限定無収入アメリカ滞在記。ワシントンDCエリアはメリーランド州での暮らしのあれこれ。 by kyurika.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ひねもす写真館。
すたこら旅行記。
なんだこりゃ。
おもちゃ。
ひとこま。
私事ではございますが。
世界のへえ。
今日の宴。
ぐるめの部屋。
暮らしの手帖。
暮らしの野菜。
そこそこ自然派。
沁みる話。
燃える野望の運転免許。
燃える野望のWEB制作。
いつか英語が。
ゲージュツとか。
ただいまニッポン。
以前の記事
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
検索
Link
フォロー中のブログ
イオリのキエフに住んでる...
夢見るかえる 
「つれづれオオサカ(仮)...
C's blog
ニ ノ チ カ
宇柳貝四方山話
ご利用はご計画的に。
うちの食卓 Non so...
Life.
ノースカロライナ生活
ねこのあくび
CHINA留学記.200...
wabi sabi
やにちゃらぼ
ハーバード留学記
元ニューヨーク・ホームレスの眼
髭眼鏡写真館雑記
もろてん。
どうなんかね、国際結婚。
m's New York...
楽貧生活
くま夫婦 by中央ヤンボル
ベジタブルな日々
じじもも日記 + ぴの
メリーランド通信あらため...
HALの賄いキッチンblog
My life in Y...
一花一葉
まなひなNZ
徒然草
はなももの別館
ここがヘンだよ肉食大国ニ...
食はココロを豊かにする。
Pineappleman...
A la Table
カサブランカ タンタン通り
地球の癒し方
まっくわぁるど
ふとした一言が英語で言え...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧